キッコーマン醤油(株)『キッコーマン醤油史』(1968.10)

会社名 キッコーマン醤油(株)
Kikkoman Shoyu Kabushiki Kaisha
Kikkoman Shoyu Co., Ltd.
書誌事項 [ 1030 / A435 ]キッコーマン醤油史 / キッコーマン醤油株式会社編
野田 : キッコーマン醤油 : 1968.10
12, 7, 584, 20, 193p, 図版13枚 ; 27cm
Kikkoman Shoyushi
会社創立五十周年記念 ; 英文社名: Kikkoman Shoyu Co., Ltd. (p95 定款) ; 印刷: 凸版印刷 ; 図版に大日本物産図絵より「下総国醤油製造之図」
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:0628 / 『主要企業の系譜図』図番号:4-46 / 『企業名変遷要覧』企業番号:0888
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ
Company and Shashi Overview
室町時代から醤油製造が始まった野田では、原料と水運の利に恵まれ江戸期に醤油生産が栄える。明治期に販路を全国へ広げ機械化も進み、1917年(大正6)一族の合同により野田醤油(株)創立。1964年(昭和39)従来の商標を社名にキッコーマン醤油(株)と改称。創立50年記念に編纂された社史は、既刊の20年史、30年史に多くの資料と図版を加え、更に日本の「食の歴史と醤油」の考察を附録としている。
Soy sauce production in Noda began in the Muromachi period and due to plentiful raw materials and convenient water transport, the industry flourished in the Edo period. In the Meiji period producers expanded sales channels to a national scale and incorporated mechanization. Noda Shoyu Kabushiki Kaisha (Noda Soy Sauce Co., Ltd.) was established in 1917 as a joint family venture. In 1964 the company was renamed Kikkoman Shoyu Co., Ltd. after its long-time trademark. The shashi compiled to mark the 50th anniversary adds many documents and illustrations to the contents of the previously published 20- and 30-year histories and also includes an appendix with further discussion of “soy sauce and the history of food” in Japan.
日経業種 食品
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=1030
PAGE TOP