キッコーマン(株)『キッコーマン株式会社八十年史』(2000.10)

会社名 キッコーマン(株)
Kikkoman Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 1040 / A004 ]キッコーマン株式会社八十年史 / キッコーマン株式会社編
野田 : キッコーマン : 2000.10
719p, 図版2枚 ; 27cm
Kikkoman Kabushiki Kaisha hachiju-nenshi
80年史 ; 創業1917年 ; 創業者: 野田七郎右衛門 ; 創業時社名: 野田醤油(株) ; 業種: 食料品製造 ; 印刷: 凸版印刷 ; 折り込1枚 ; 非売品 ; 横組み
各種ID 『主要企業の系譜図』図番号:4-46 / 『企業名変遷要覧』企業番号:0888
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ
Company and Shashi Overview
1917年(大正6)千葉県野田で醤油醸造にたずさわる茂木・高梨一族と、流山の堀切家の8家の醸造家が合同して、野田醤油(株)設立。初代社長は茂木七郎右衛門(もぎ・しちろうえもん、1860-1929)。本書では創業前の「しょうゆ小史」で紀元前からの調味料の歴史を概観。戦後しょうゆ単品の経営から脱却し、多角化・国際化経営を軌道に乗せる。1964年(昭和39)キッコーマン醤油(株)、1980年(昭和55)キッコーマン(株)と社名変更。年表は簡略だが目次が詳細。
In 1917, eight family soy sauce brewers including the Mogi and Takanashi families of Noda, Chiba prefecture, and the Horikiri family of Nagareyama joined together and founded Noda Shoyu Kabushiki Kaisha (Noda Soy Sauce Co., Ltd.). The first president was Mogi Shichiroemon (1860-1929). This shashi starts with an overview of the use of seasoning in food from pre-historic times and a brief introduction to the history of soy sauce. It goes on to describe how the company successfully freed itself from the post-war period single-minded focus on soy sauce and shifted to a management philosophy that embraced diversification and internationalization. The company changed its name in 1964 to Kikkoman Shoyu Co., Ltd. and then in 1980 to Kikkoman Corporation. Although the shashi has only a simple chronology, it has a detailed table of contents.
日経業種 食品
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=1040
PAGE TOP