東宝映画(株)『東宝映画拾年史抄』(1942.09)

会社名 東宝映画(株)
Toho Eiga Kabushiki Kaisha
書誌事項 [ 14960 / A940 ]東宝映画拾年史抄 / 東宝映画株式会社編
東京 : 東宝映画 : 1942.09
[264]p(図版共) ; 30cm
Toho Eiga 10-nenshisho
表紙のタイトル: 東宝映画十年史抄 2602 ; 編集者: 東宝映画株式会社岩下一郎 ; 印刷: 共同印刷 ; 非売品 ; 縦組み ; 裏表紙に東宝マークの型押し ; 前身の写真化学研究所の英文名称はPhoto Chemical Laboratory
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:7921 / 『主要企業の系譜図』図番号:28-2;19.1-21 / 『企業名変遷要覧』企業番号:2533(東宝)
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ 記録映画撮影や録音請負等の事業で1932年(昭7)発足した(株)写真化学研究所の植村泰二・大橋武雄らは、劇映画製作の(株)ピー・シー・エル映画製作所を1933年(昭8)設立。同社は(株)東京宝塚劇場及び京都の(株)ゼー・オー・スタヂオと共に、制作映画の配給会社として1936年(昭11)東宝映画配給(株)を設立する。1937年(昭12)臨戦体制の中で写真化学研究所、ピー・シー・エル映画製作所、ゼー・オー・スタヂオ、東宝映画配給の4社は合併し、東宝映画(株)が誕生。渋沢秀雄(しぶさわ・ひでお、1892-1984)は監査役、渋沢同族(株)渋沢敬三(しぶさわ・けいぞう、1896-1963)は株主。写真化学研究所発足からの10年史は制作映画の場面や俳優の写真、沿革、現況、回顧録、年表、劇映画364本の作品目録等からなり、前身4社の沿革にも触れている。[1943年(昭18)東京宝塚劇場に合併し、東宝(株)と改称]
日経業種 サービス業
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=14960
PAGE TOP