(株)資生堂『資生堂社史 : 資生堂と銀座のあゆみ八十五年』(1957.11)

会社名 (株)資生堂
Kabushiki Kaisha Shiseido
Shiseido Company, Limited
書誌事項 [ 3290 / A616 ]資生堂社史 : 資生堂と銀座のあゆみ八十五年
東京 : 資生堂 : 1957.11
671p(図版20枚表共), 図版4枚 ; 27cm
Shiseido shashi : Shiseido to Ginza no ayumi hachijugo-nen
表紙のタイトル: 1872-1957 ; 英文社名: ShiseIDo Company, Limited (p630 定款) ; 印刷: 共同印刷 ; 折り込図10枚 ; 原色図版1枚のはり込あり ; 縦組み ; 標題紙に福原信三考案の商標「花椿」
各種ID 『会社史総合目録 増補・改訂版』一連アイテム番号:1600 / 『主要企業の系譜図』図番号:7.3-37 / 『企業名変遷要覧』企業番号:1491
所蔵リンク
会社沿革と社史メモ
Company and Shashi Overview
千葉出身で薬学を修めた福原有信(ふくはら・ありのぶ、1848-1924)は、海軍薬剤監を辞して1872年(明5)三田田町で薬局開業、火事のため銀座出雲町に移る。一方友人らと三精社を興し、西洋薬舗会社資生堂を設立、個人の薬舗にも資生堂を号した。出雲町の資生堂薬局二階に回陽医院を設けるも医薬分業を実践し、製薬事業に尽力。1887年(明20)日本初の煉歯磨、1897年(明30)化粧品の製造販売にも乗り出す。欧米に学んだ三男福原信三(ふくはら・しんぞう、1883-1948)が化粧品を充実させ、1921年(大10)合資会社資生堂となる。1927年(昭2)株式会社に改組し、戦禍を乗り越え業容拡大する。85年史は銀座と共に歩んだ資生堂の変遷を、製品・広告・風俗など多くの写真図版や寄稿文を取り入れ多面的に描いている。
Originally from Chiba, Fukuhara Arinobu (1848-1924) studied pharmacy and, after serving as head pharmacist to the Japanese navy, opened the Shiseido Pharmacy in Tokyo in 1872. He began producing and selling Japan’s first toothpaste in 1887 and followed with cosmetics in 1897. Fukuhara’s third son, Shinzo (1883-1948), studied in the West and improved the company’s cosmetics department. Shiseido was reorganized into a limited partnership company in 1921, then a joint-stock company in 1927. They overcome the ravages of World War II and expanded their business. The 85-year history takes a multifaceted look at the development of Shiseido hand in hand with the Ginza, using articles as well as many photographs and illustrations of products, advertisements, and customs of the time.
日経業種 化学工業
会社名・団体名変遷図
渋沢栄一伝記資料事業名
センター・ブログ
PermaLink https://shashi.shibusawa.or.jp/details_basic.php?sid=3290
PAGE TOP