味の素グループ『味の素グループの百年 : 新価値創造と開拓者精神 : 1909→2009』(2009.09)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
刊行にあたって味の素グループ最高責任者(味の素株式会社 代表取締役社長) 伊藤雅俊 p2
序章 生産開始への道[~1908年] p18
日本の近代化と「味の素〓[○+R]」の誕生 p18
第1節 鈴木家とヨード事業 p20
1. 鈴木家の家業 p20
2. 二代三郎助と母ナカ・妻テル p21
3. ヨード事業の開始 p22
4. 二代三郎助事業参加 p23
5. 化学薬品事業の発展 p25
6. 合資会社鈴木製作所の設立 p27
第2節 池田菊苗との出会いと「味の素」生産開始 p30
1. 池田菊苗と「うま味」の発見 p30
2. 事業家の経緯 p33
3. 「味精部」の設置 p35
4. 「味の素」の命名・商標登録 p36
5. 「味の素〓[○+R」の製造開始 p37
6. 初期の「味の素〓[○+R」製造工程 p38
うま味は健康に貢献する p40
第1章 創業と模索[1909~1919年] p44
画期的新製品の生みの苦しみ p44
第1節 「味の素〓[○+R]」販売開始 p46
1. 「味の素〓[○+R]」一般販売開始 p46
2. 販路の開拓 p48
3. 価格の改定 p50
4. 初期の販売促進活動 p51
5. 醤素の発売 p55
6. 副製品“澱粉”の販売 p56
第2節 生産体制の強化 p58
1. 合資会社鈴木商店の設立 p58
2. 硫酸法へ製法転換 p58
3. 川崎工場の建設 p59
4. 再び塩酸法へ p60
第3節 第一次世界大戦期における拡大 p63
1. 化学薬品事業の発展 p63
2. 株式会社鈴木商店の設立 p65
3. 電気化学工場への進出 p67
第4節 海外市場開拓の端緒 p70
1. 台湾・韓国・中国での販売開始 p70
2. ニューヨーク事務所の開設 p72
画期的新商品を事業化しえた要件 p74
第2章 試練の克服[1920~1930年] p78
度直なる試練のもとでの前進 p78
第1節 反動恐慌による経営挫折と再建 p80
1. 鈴木商店の経営危機 p80
2. 経営体制の再建 p82
3. 電気事業の推移 p84
第2節 設備の拡大と品質向上 p86
1. グルタミン酸法の開発 p86
2. 川崎工場の設備増強 p88
3. 澱粉製造技術の改善 p89
4. 脱色および結晶技術の向上 p90
第3節 販売方式の確立 p92
1. 支店・出張所の開設 p92
2. 販路の・整備 p93
3. 新たな販売促進策 p97
4. 製品の充実と価格の改定 p103
第4節 相次ぐ試練 p106
1. 原料蛇説 p106
2. 類似品・偽造品問題 p108
3. 特許延長の出願と許可 p109
4. 関東大震災 p112
5. 労働争議の発生 p115
6. ラロー鈴木社の設立と失敗 p116
7. 恐慌下における澱粉事業の不振 p118
8. 塩酸ガス・排水問題 p119
第5節 海外市場の販路拡大活動 p121
1. 海外での売上高増大 p121
2. アジア市場での販売促進活動 p122
生産システムと販売システムの構築 p128
第3章 成長軌道[1931~1937年] p132
食卓の必需品「味の素〓[○+R]」 p132
第1節 「味の素〓[○+R]」の製造技術革新 p134
1. 忠治第2代社長就任 p134
2. 「味の素〓[○+R]」製造技術の近代化 p136
3. 関連商品の開発 p142
4. 関係会社の設立 p144
5. 財務状況 p148
第2節 国内販売活動の充実 p149
1. 国内市場の拡大と販売価格値下げ p149
2. 販売店の組織化と販売促進活動 p152
第3節 海外市場急拡大 p156
1. 輸出の増大(アジア・アメリカ) p156
2. 販売組織の整備(アジア) p156
3. アメリカでの販売 p161
戦前における事業の到達点 p164
第4章 戦時下の苦難「1938~1945年] p168
戦争がもたらしたもの p168
第1節 「味の素〓[○+R]」生産・販売の縮小 p170
1. 戦争と経済統制 p170
2. 「味の素〓[○+R]」の生産縮小と停止 p171
3. 「味の素〓[○+R]」関連事業の縮小 p174
4. 「味の素〓[○+R]」の販売縮小と販売統制 p177
5. 三代三郎助の社長就任と社名変更 p181
第2節 海外における諸工場の推移と販売機構の整理 p184
1. 満州での工場建設 p184
2. 太平洋戦争開始後の海外工場 p185
3. 海外での「味の素〓[○+R]」の販売 p188
第3節 軍需生産会社への移行と戦災 p195
1. 軍需品生産への転換 p195
2. 大日本化学工場に社名変更 p200
3. 軍需生産の挫折と被災 p202
戦争による挫折と継承された資産 p204
第5章 終戦後の事業展開[1945~1955年] p208
戦後復興と生産・販売・輸出の再開 p208
第1節 生産再開までの苦闘 p210
1. 戦争被害と復興への意欲 p210
2. 第一の危機―原料・資材の不足と臨時品の生産 p212
3. 第二の危機―味の素社解体危機とその対策 p219
第2節 生産と輸出の再開 p227
1. 生産再開へ p227
2. 「味の素〓[○+R]」の販売再開―まずは輸出から p237
第3節 国内販売と広告の再開 p243
1. 自由販売開始前の国内販売 p243
2. 自由販売の開始と販売戦略 p244
3. 偽造品と商標問題 p253
第4節 労働組合の結成と従業員待遇 p255
1. 労働組合の結成と労働協約 p255
2. 従業員待遇の改善と労働組合の役割 p257
再び成長軌道へ p260
『味の素〓[○+R]の50年』に見る創業50年目の味の素社 p264
◎1959年の主な出来事 p265
◎製品 p265
◎研究所・工場・支店 p266
◎組織 p267
◎役員 p267
◎関係会社 p268
第6章 多角化と国際化[1956~1968年] p270
ショックヘの対応と高度成長 p270
第1節 新製法への転換 p272
1. 抽出法の成熟化 p272
2. 発酵法の開発と工業化 p273
3. 合成法の開発と工業化 p281
4. 新製法の工業化に伴う組織の新設 p286
5. 研究開発の進展と調味料製品の多角化 p288
6. 製法転換の影響 p293
7. 各種アミノ酸とアミノ酸関連製品 p296
8. 財政と業績 p301
第2節 業務提携による多角化の進展とマーケティングの変化 p304
1. CP社の提携とスープ事業 p304
2. ケロッグ社との提携とコーンフレーク事業 p310
3. マヨネーズ事業 p313
4. 販売体制の変化 p315
5. 近代的マーケティング手法の採用 p318
第3節 海外現地生産 p328
1. 輸出の動向と現地法人の設立 p328
2. 地域別の輸出動向 p329
3. 沖縄への輸出 p331
4. タイ工場 p332
5. フィリピン工場 p336
6. マレーシア工場 p338
7. イタリア工場 p341
8. 海外企業への技術輸出 p345
第4節 川崎工場ストと労働条件の変化 p347
1. 給与・福利厚生の改善 p347
2. 労働条件の改善 p349
3. 川崎工場ストライキとその後の変化 p351
競争激化と多角化・国際化 p354
第7章 安全性対応と国際展開[1969~1980年] p358
環境変化と責任遂行 p358
第1節 環境変化と安全性問題への対応 p360
1. 経営環境の変化と新たな指針づくり p360
2.  経営管理・利益管理の体制強化 p362
3. 安全性問題の経緯 p366
4. 安全性問題への対応 p369
5. 他の国々の安全性問題 p373
第2節 アミノ酸ビジネスと技術開発 p375
1. 東海工場のMSG合成法の中止 p375
2. 各種アミノ酸製造技術の発展 p377
3. 研究体制の強化 p382
4. 独力での新規参入 p385
第3節 新規参入と製品ライン拡大 p387
1. 「味の素〓[○+R]」の成長鈍化と食品事業の急成長 p387
2. 独力での新事業と新製品の開発 p388
3. 提携による新事業と新製品の開発 p393
4. 既存の新品種 p399
5. 油脂事業の再構築 p403
第4節 生産・販売体制と環境保全 p405
1. 生産体制 p405
2. 国内販売体制 p411
3. 環境保全 p414
4. 労使関係 p419
第5節 海外リテイル・バルクビジネスの展開 p423
1. 輸出から現地生産へのシフト p423
2. リテイル中心のアジア p426
3. リテイル中心の中南米 p432
4. バルク中心の欧米 p435
5. 現地社会への浸透 p438
食品メーカーとしての社会的責任の遂行 p440
第8章 事業拡張と再編[1981~1996年] p444
業容の拡大とその限界 p444
第1節 長期構想と事業の拡張 p446
1. トップマネジメントと経営構想 p446
2. 事業展開と経営体制 p451
第2節 国内市場の変化と事業の再編 p461
1. 国内市場の変化 p461
2. 既存事業の再編・強化 p463
3. 新規事業への進出 p471
4. 研究開発・生産・販売の変化 p476
第3節 海外リテイルの拡大とバルクビジネスの多極化 p489
1. 海外シフトと事業地域の拡張 p489
2. リテイル・バルク両面での世界展開 p494
第4節 経営資源の再配分 p507
1. 国内事業の構造改革 p507
2. 提携関係の再編 p509
事業拡張の軌道の修正 p512
第9章 日本発の世界企業へ[1997~2009年] p516
経営改革とその成果 p516
第1節 ガバナンスの強化・確立 p518
1. トップマネジメントと経営計画 p518
2. ガハナンスの強化 p526
3. 業務効率化・各種制度の見直し p536
4. コーポレートの戦略 p543
第2節 グローバル・事業運営体制の再編 p550
1. グローバル事業展開の概略 p550
2. 食品カンパニー p558
3. アミノ酸カンパニー p568
4. 医薬カンパニー p580
5. 分社 p583
6. グループ会社再編とアライアンス p590
第3節 次の100年に向けて p598
1. 健康関連事業 p598
2. 「味の素ルネッサンス」 p599
3. 基本目標の修正 p601
4. 「味の素グループ理念」等の改定、制定 p602
5. 100周年記念事業と伊藤社長の就任 p604
創業100年の到達点と「第2の世紀」の展望 p606
●資料編 p612
1 損益計算書 p612
2 貸借対照表 p616
3 連結損益計算書 p624
4 連結貸借対照表 p626
5 役員任期表 p628
6 取締役・監査役 p636
7 従業員数の変遷 p638
8 味の素社組織の変遷 p640
9 味の素社組織 p658
10 関係会社系譜図 p662
11 連結子会社 p674
12 持分法適用関連会社 p699
年表 p701
編集後記 p765
索引リスト
PAGE TOP