小田急電鉄(株)『小田急五十年史』(1980.12)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
口絵 巻頭
ごあいさつ 取締役会長 安藤楢六 NP
発刊にあたって 取締役社長 広田宗 NP
沿革編 p1
序章 創業前史 p1
第一節 明治・大正期の私鉄 p1
一 我が国鉄道の始まり p1
蒸気機関車の伝来 p1
鉄道建設の気運興る p2
鉄道の誕生 p3
二 私鉄ブーム p5
私鉄の誕生 p5
相次ぐ私鉄の出願 p6
鉄道敷設法でいっそうの活況 p6
鉄道法規の整備 p7
私鉄ブームの退潮 p8
鉄道国有化 p8
三 電気鉄道の発達 p9
電車の出現 p9
最初の電気鉄道 p11
電車時代の到来 p12
高速、大量輸送の方向へ p12
起業を促進した軽便鉄道法 p13
電鉄ブーム p14
第二節 利光鶴松の人と事業 p18
一 政治家から実業家へ p18
向学の青年 p18
自由党壮士の感化を受ける p19
政界に雄飛 p20
実業界の雄となる p21
そのプロフィル p23
二 鬼怒川水力電気 p25
東京水力電気の発起 p25
外資導入計画 p27
利光鶴松の決起 p28
大口電力売込契約の成立 p28
鬼怒川水力電気の設立 p29
関西遊説 p31
第一期工事 p32
営業開始 p33
火力発電所と第二期工事 p33
鬼怒川興業の合併と増資 p35
業績伸長時代から電力過剰時代へ p35
平穏時代から統制時代へ p37
第一章 創業期 p41
第一節 創業前後の東京の交通事情 p41
人力車から馬車鉄道へ p41
東京電車鉄道 p42
東京市街鉄道 p43
東京電気鉄道 p44
東京鉄道 p45
東京市電 p46
東京の地下鉄計画の始まり p48
第二節 小田原急行鉄道の誕生 p50
一 東京高速鉄道 p50
利光鶴松の雄大な構想 p50
四社の競願となる p51
計画を修正して免許 p52
内務省の反対で頓挫 p54
東京の地下鉄計画のその後 p55
二 小田原急行鉄道の創立 p57
小田原線の出願 p57
武相中央鉄道の計画を継承 p59
小田原線の免許を得る p61
社名変更と会社設立 p63
三 起点を新宿に p66
東京鉄道局の反対で難航 p66
一転して認可へ p68
当時の東京西南郊および神奈川県下の交通事情 p70
第三節 小田原線の建設 p72
一 関東大震災の功罪 p72
着工延期 p72
禍転じて福に p73
二 いよいよ建設へ p73
用地買収 p73
安藤楢六の入社 p75
盛んな駅の誘致合戦 p76
三 利光鶴松の英断 p78
開業期日を誓約 p78
八工区に分けて着工 p79
全線を複線に p82
超一流の設備 p83
資材調達に東奔西走 p86
四 第一回増資と小田原急行土地の合併 p87
苦しいやりくり p87
資本金三〇〇〇万円に p88
第四節 開業前後 p89
一 従業員の養成 p89
経験者は採用せず p89
安藤楢六、九死に一生を拾う p90
京成電気軌道などで実習 p92
二 小田原線の開業 p94
突貫工事 p94
さんざんだった開通当日 p96
開業当時の概況 p98
人員整理 p101
三 複線全通 p102
全線複線化成る p102
小田原電気鉄道・富士屋自働車と連帯運輸 p103
本社移転 p104
小田原の名を高めた東京行進曲 p104
第五節 江ノ島線の開業 p106
一 江ノ島線開通 p106
出願から免許まで p106
建設 p107
開通当初の営業概況 p108
玉川学園前駅の新設 p110
二 幻の新線計画 p111
市内地下鉄の再出願 p111
座間線 p112
日光線 p113
小田原延長線 p114
第二章 揺籃期 p115
第一節 昭和恐慌と私鉄の業績低下 p115
金融恐慌起こる p115
金解禁 p116
猛威ふるう昭和恐慌 p117
私鉄も軒並み業績低落 p118
第二節 忍苦耐乏の十余年 p121
一 不況に耐えて p121
文化を運んできた小田急電車 p121
六年間無配、昇給ゼロ p123
列車本数も削減 p124
電力料と借入金利の引下げ p126
二 苦心の増収策 p126
運賃半額割引で海水浴客誘致 p126
観光地へ多彩な回遊券 p127
週末温泉特急の運転 p129
信仰と結びつけた誘致策 p130
砂利輸送と採取販売業への進出 p131
政府補助金の獲得 p133
三 沿線開発への努力 p134
各地で土地住宅を斡旋 p134
高級住宅地成城のスタート p135
鶴巻温泉売出す p135
林間都市の建設を目指す p135
向ケ丘遊園地の開設 p138
四 スト騒ぎ、寸前で収拾 p140
過激派に乗せられる p140
“おらが鉄道”意識が暴走を止める p141
第三節 日華事変勃発前後 p143
一 満鉄ブームと水害 p143
満鉄ブームに揺れる p143
四十八瀬川の決壊 p145
二 相模野の変貌 p146
士官学校の移転 p146
軍都誕生 p147
自動車運輸を開始 p149
三 山東金鉱問題 p150
利光鶴松の遠大な計画 p150
日華事変で蹉跌 p151
第三章 変遷期 p153
第一節 戦時体制に向かう私鉄界 p153
泥沼の戦争へ p153
陸上交通事業の調整 p154
統制の強化 p157
第二節 帝都電鉄を合併 p159
一 帝都電鉄の成立ち p159
東京山手急行電鉄の発足 p159
建設は暗礁に p161
渋谷急行電気鉄道 p161
東京山手急行電鉄と渋谷急行電気鉄道の合併 p163
着工から開通まで p164
帝都電鉄と改称 p166
再度の減資 p167
その後の営業概況 p167
東京山手急行線を遂に断念 p169
二 合併に至る経緯 p169
五島慶太の取締役就任 p169
東京高速鉄道をめぐる利光鶴松と五島慶太の関係 p170
合併成立 p173
合併当時の帝都電鉄の概要 p175
第三節 鬼怒川水力電気に合併 p178
一 合併に至る経緯 p178
電力の国家管理 p178
電力事業の消滅で合併へ p179
二 小田急電鉄としての一年 p181
小田急電鉄の発足 p181
利光鶴松の引退 p182
五島慶太が社長に p183
神中鉄道と連絡 p184
東京西南郊私鉄の統合 p185
第四節 東急時代 p187
一 東京横浜電鉄に統合 p187
東京横浜電鉄 p187
東京急行電鉄の発足 p188
京王電気軌道を合併 p191
二 戦時輸送 p192
新宿営業局 p192
旅客輸送の制限と駅の整理統合 p194
藤沢~片瀬江ノ島間が単線に p194
車両工場の国家管理と軍需充足会社の指定 p195
女子挺身隊 p196
決戦記録樹立運動 p197
特設防護団 p197
日曜休日の廃止 p198
戦時殖産部 p198
軍事優先の輸送力増強 p200
新鋭車一六〇〇形の登場 p202
省線列車の直通運転を計画 p202
三 終戦前後 p203
組織改正で新宿管理部に p203
相次ぐ空襲 p205
車両の転用 p207
戦後混乱期の輸送 p207
渉外課の設置と駐留軍専用車 p209
鶴巻で列車転覆の大事故 p210
復興三か年計画 p210
労働組合の誕生 p212
相次いだ役員更迭 p214
新宿支社となる p215
分離運動の台頭 p216
第四章 新生期 p219
第一節 混迷から復興へ p219
インフレと食糧危機のなかで p219
すべてを決めたGHQ命令 p220
ドッジラインで経済自立へ p221
中道政治から保革対立へ p222
東京急行電鉄の解体再編成 p223
第二節 新生小田急の誕生 p224
一 独立への胎動 p224
分離運動を推進した新宿支社 p224
五島慶太を動かす p226
安藤楢六の心労 p228
大勢は解体再編成へ p230
二 分離独立成る p232
再編成の大綱が決定 p232
井ノ頭線を移管 p233
譲渡契約の成立 p234
小田急電鉄の設立 p237
箱根登山鉄道の傘下入り p238
神奈川中央乗合自動車の傘下入り p239
第三節 新しいスタート p241
一 輸送の復興 p241
極度に荒廃していた輸送施設 p241
資材難との闘い p242
電力不足にも苦しむ p243
話題呼んだノンストップ特急の運転 p244
第二の東京行進曲 p245
輸送力復興五か年計画を推進 p247
軌道の強化と江ノ島線の復旧 p247
変電所の増強 p248
輸送力の増強 p249
相次ぐ増資と社債発行 p250
資産の再評価 p250
二 社内体制の整備 p252
安藤楢六が社長に就任 p252
経営陣も充実 p255
希望退職の実施 p255
労働組合の動向 p258
レッドパージ p261
社内報『月刊小田急』の創刊 p262
第四節 事業の拡張 p264
一 箱根登山鉄道線への乗入れ p264
戦前の乗入れ計画 p264
二〇年余の悲願実る p265
二 汎交通事業への進出 p269
銀座タクシーの設立 p269
武蔵野乗合自動車の買収 p270
江ノ島鎌倉観光の傘下入り p271
箱根観光船の設立 p273
世田谷運送の買収 p274
立川バスの傘下入り p274
小田原自動車工業の傘下入り p275
三 付帯事業の強化 p275
小田急興業と小田急砂利の設立 p275
小田急サーヴィスビューローの設立 p276
向ヶ丘遊園地の整備 p277
第五章 躍進期 p279
第一節 めざましい業績の向上 p279
高度成長時代の幕開き p279
鉄道業の充実を最重点に p280
箱根・湘南事業圏の強化も p282
“日本一流”へ全社が結集 p282
第二節 鉄道本業の充実 p285
一 積極体制の確立と経営合理化の推進 p285
開業二十五周年を迎える p285
発展へ積極体制を確立 p286
合理化協議会 p290
賃金体系の改定 p292
相次ぐ増資 p293
二 観光路線として飛躍 p293
民放のCMに先鞭 p293
PR催事 p295
箱根地区宿泊クーポンの発売 p296
駅長主催団体旅行の募集 p297
各種行楽列車の運転 p298
特急に座席指定制を採用 p299
準特急の運転 p299
江の島海水浴の盛況 p300
三 経済路線の比重も高まる p301
沿線開発の進展 p301
大型団地、大学の進出 p303
当社住宅部門も活況 p304
鶴川~城山間新線を出願 p305
四 輸送力の増強と鉄道施設の拡充 p305
当社初のカルダン車 p305
HE車の誕生 p306
めざましい増発、編成増 p307
軌道の強化も進む p308
変電所の増設 p308
超短波無線局の開局 p310
相模大野地区現業施設の拡充 p311
四駅新設、駅改良も進む p311
五 御殿場線への乗入れ p313
富士山麓の開発を目指して p313
東急時代からの懸案 p314
画期的な国鉄線への乗入れ p317
富士・箱根・伊豆の一体化を目指す p318
六 SE車の誕生 p320
日本一の高速車を目指して p320
設計着手までに二年の研究 p321
既成概念を破った画期的な車両 p322
時速一四五キロメートルの世界記録を樹立 p323
第三節 観光・レジャー業の拡大 p325
一 箱根地区の観光開発 p325
箱根地区の事業規模拡充を目指す p325
国際観光の傘下入り p325
山のホテルの再建 p326
姥子山荘の経営 p327
箱根カントリー倶楽部の設立・経営を支援 p328
二 レジャー施設の充実 p329
向ヶ丘遊園にばら苑 p329
片瀬江の島海岸に三施設を開設 p329
富士山麓にキャンプ場 p330
晴海スケートリンクの営業 p331
藤沢ゴルフ場の開設 p331
第四節 箱根山戦争 p333
一 紛争の発端 p333
存亡の危機が発展への跳躍台に p333
駿豆鉄道バスの小田原乗入れ p334
箱根登山鉄道バスの早雲山乗入れ p335
箱根観光船の設立で全面戦争に p338
二 抗争ますます激化 p340
元箱根桟橋問題 p340
大型船の建造 p342
箱根登山鉄道バスの早雲山乗入れ早雲山線乗入れ再申請 p343
訴訟合戦 p344
乗入れ運輸協定の破棄 p348
運輸大臣による調停 p350
三 焦点は限定免許問題へ p352
供用約款問題 p352
限定免許問題 p354
熾烈なPR合戦 p357
労働組合も決起 p358
小田急グループの団結 p359
国会、県議会での論議 p361
聴問会 p362
四 ようやく終結へ p363
箱根ロープウェイの建設が転機に p363
一般自動車道を県が買上げ p364
紛争ようやく終結 p365
五 ゴールデンコースの完成 p372
箱根ロープウェイの開通 p372
ゴールデンコースの完成 p373
第六章 発展期 p375
第一節 近代化と多角化の推進 p375
高度成長のなかで p375
新時代の幕開き p376
鉄道業の近代化進む p377
経営多角化の推進 p378
第二節 新宿西口の総合開発 p380
一 新宿駅の全面改良 p380
共同駅舎案から単独駅舎案へ p380
立体式ホーム、八両五線案を採用 p381
輸送需要の予測を誤る p383
いよいよ着工へ p383
名うての難工事 p385
遂に完成 p386
二 新宿西口本屋ビル p388
駅ビル計画の推移 p388
四者協定 p389
都有地の払下げ p390
立退き問題 p392
駅ビルの概要 p394
地下鉄ビル p395
八重洲駐車場との関係 p396
三 新宿西口広場と地下駐車場 p398
西口広場整備計画の推移 p398
ユニークな構造 p399
当社の西口地下街計画の発端 p400
地下駐車場と店舗街の特許 p401
四 新宿西口総合開発の完成 p401
いよいよ着工 p401
苦労した掘削工事 p402
大規模な交通規制 p403
無事故で完遂 p404
西口広場・地下駐車場の完成 p405
小田急ビル代行の設立 p406
駅ビルの完成 p406
第三節 経営の多角化 p409
一 流通部門への進出 p409
小田急百貨店の設立 p409
小田急百貨店の開業 p411
新館および本館の開業 p412
オー・エックスの設立 p413
小田急商事を合併 p415
二 不動産業の拡充 p416
三十年代半ばから活況 p416
小田急不動産の設立 p417
三 観光事業の強化拡充 p418
箱根ハイランドホテルの経営 p418
箱根レイクロッジの開業 p419
姥子ホテルの新設 p420
パイオニア号の就航 p420
熱海来の宮ホテルの開業 p421
真鶴岬の観光開発 p421
真鶴ケープパレスの開業 p422
真鶴サボテンドリームランドの開設 p423
旅行斡旋業の拡充 p423
旅行あっ旋部の新設 p424
向ケ丘遊園施設の増強 p425
向ケ丘遊園催事の大型化 p427
四 新観光ルートの開拓 p428
日本高速船の設立 p428
営業開始 p429
業績低迷で営業廃止へ p430
大山ケーブルカーの開業 p431
丹沢のロープウェイ計画 p433
ハイウェイ時代の到来 p434
箱根直通バスを計画 p435
小田急箱根高速バスの開業 p436
航空部門にも進出 p437
第四節 鉄道部門の近代化 p438
一 通信の近代化 p438
社内電話の自動化 p438
列車無線の採用 p439
二 電力部門の近代化 p441
変電所の遠方監視制御 p441
全線の電力系統を一括制御 p442
電力施設・保守作業の近代化 p443
三 線路の強化と保線の近代化 p444
重軌条化の完成 p444
PC枕木の採用 p446
ロングレール化 p446
道床砂利の砕石化 p447
保線作業の機械化 p448
四 運転保安施設の充実 p449
踏切保安の強化 p449
OM-ATSの導入 p451
PTCの採用 p452
五 車両の増備と列車運用の合理化 p453
大野工場の新設 p453
列車の増発と運用効率の向上 p454
大型車の導入と平行ダイヤ p456
御殿場線の電化 p458
特急の増発と通勤特急 p458
六 駅業務の近代化 p459
出札業務の機械化 p459
定期券発行装置の導入 p460
特急券予約・発売装置の導入 p461
案内放送の自動化とホーム監視用テレビの導入 p462
橋上駅舎化の進展 p463
第五節 事務機械化と組織の近代化 p465
一 事務の機械化 p465
印刷センターの設置 p465
計算センターの設置 p466
二 組織の近代化 p467
プロジェクトチーム制の導入 p467
経営陣の若返り p469
第七章 拡充期 p471
第一節 体質改善へ向けて p471
“第三の創業”の到来 p471
安藤楢六が会長に p472
都市交通機関としての機能を充足 p475
多角化さらに進む p476
安藤楢六、広田宗が叙勲 p477
第二節 鉄道部門の大建設 p479
一 大建設時代の幕開き p479
環状八号線立体交差化工事 p479
相模川橋梁架替え工事 p481
海老名電車基地の建設 p482
海老名駅の移設開業 p483
二 多摩線の建設 p484
多摩丘陵に三〇万都市 p484
鉄道敷設の必要性 p486
出願から免許までの経緯 p488
私鉄工事に初の鉄建公団方式 p490
建設 p493
開業後の多摩線 p496
三 新原町田駅の改良と駅ビル建設 p497
町田市の表玄関に p497
ユニークな駅ビル p498
町田小田急百貨店の開業 p500
四 本厚木駅の改良と連続立体化 p501
新しい町づくりを目指して p501
生まれ変わった本厚木駅 p502
五 千代田線乗入れ p503
都心直通路線計画の最初 p503
都交審の第一号答申 p505
答申に現れた千代田線の原形 p506
難航したルート決定 p507
具体化へ向け数多の協議 p509
いよいよ着工 p511
オイルショックで苦労 p512
都心直通ルート開く p514
六 新宿駅の大改良 p514
南新宿駅の移設 p514
新宿駅大改良工事の概要 p516
七 続々と新鋭車 p517
大型・冷房車時代の到来 p517
九〇〇〇形の新造 p519
新特急車七〇〇〇系の登場 p520
第三節 事業圏の拡大と多様化 p523
一 小田急グループの拡大 p523
東海自動車の傘下入り p523
野村工事の傘下入り p525
小田急運輸の傘下入り p525
江ノ電百貨店の傘下入り p526
富士白糸滝観光の設立 p526
大分ゴルフクラブの設立 p527
大分セントラルホテルの傘下入り p527
小田急トラベルサービスの設立 p528
小田急リゾート開発の設立 p529
富士小山ゴルフクラブの傘下入り p530
二 不動産業の新しい展開 p531
大型団地の開発 p531
土地分譲から建売りへ p532
賃貸部門の拡大 p534
多摩線沿線の開発 p535
海老名駅周辺の開発 p537
三 レジャー施設と緑化事業の拡充 p539
花鳥山脈の買収 p539
御殿場ファミリーランドの開設 p540
箱根アスレチックガーデンの開設 p541
テニスガーデンの開設とチェーン展開 p542
町田ぼたん園の開設 p543
緑化事業への進出 p544
緑化事業の拡大 p544
四 ホテル事業の拡充 p546
箱根三ホテルの全面改築 p546
ハイランドホテルが国際観光に p547
箱根三ホテルの新装開業 p547
新都心に本格的都市ホテル p550
ホテルセンチュリーの誕生 p552
小田急ホテルチェーンの核に p554
厚木にもホテル p555
終章 限りない明日に向かって p559
口絵 p559
駅  p559
輸送 p559
保守 p559
福利厚生 p559
職場 p559
現況編 p583
第一節 総務 p583
定款 p583
役員 p589
職制 p598
諸会議 p600
各種委員会 p600
社規社則 p601
本社 p601
株式と株主 p601
印刷センター p604
電算化 p604
広報活動 p606
第二節 財務 p608
資本金 p608
社債 p609
貸借対照表・損益計算書 p609
事業設備 p612
第三節 人事・労務 p614
従業員 p614
学力認定試験 p615
表彰制度 p615
教育訓練 p616
提案制度 p618
労使関係概況 p618
給与 p620
職級区分表 p621
安全管理 p624
衛生管理 p626
第四節 福利厚生 p628
小田急共済組合 p628
小田急グループ共済組合 p628
小田急グループ健康保険組合 p629
住宅対策 p630
社内預金制度 p630
奨学金貸付制度 p630
業務上災害補償制度 p631
通勤途上災害補償制度 p631
小田急クラブ p631
慰安会・運動会 p631
結婚祝会・誕生会 p632
法律相談 p632
社宅・独身寮 p632
小田急診療所 p632
嘱託医 p633
保養所・その他 p633
第五節 運輸部門 p636
鉄道運輸の概況 p636
列車運転の現況 p637
鉄道営業の概況 p638
駅名の由来と変遷 p643
箱根高速バス p652
旅行案内所 p653
第六節 技術部門 p656
保線の概況 p656
踏切道 p657
変電所 p660
電力と電力施設 p662
通信網の概要 p663
有線設備 p663
無線設備 p664
OM-ATS p665
PTC p666
信号設備の概要 p666
当社の車両 p667
車両の保守 p669
建設 p670
第七節 兼業部門 p672
不動産業の概況 p672
レジャー施設の概要 p675
園芸・造園業の概況 p677
広告業 p678
駐車場業 p678
第八節 関係会社 p679
箱根登山鉄道株式会社 p679
江ノ島鎌倉観光株式会社 p679
神奈川中央交通株式会社 p680
小田急バス株式会社 p680
立川バス株式会社 p681
東海自動車株式会社 p682
小田急交通株式会社 p682
箱根観光船株式会社 p683
箱根ロープウェイ株式会社 p684
大山観光電鉄株式会社 p684
小田急運送株式会社 p684
小田急運輸株式会社 p685
小田原自動車工業株式会社 p686
小田急不動産株式会社 p686
小田急建設株式会社 p686
小田急建材株式会社 p687
株式会社小田急百貨店 p687
株式会社江ノ電百貨店 p688
株式会社町田小田急 p688
小田急商事株式会社 p688
小田急ビル代行株式会社 p689
株式会社小田急トラベルサービス p690
国際観光株式会社 p690
株式会社大分セントラルホテル p691
株式会社ホテル小田急 p691
小田急観光株式会社 p692
富士白糸滝観光株式会社 p692
小田急興業株式会社 p693
株式会社富士小山ゴルフクラブ p693
株式会社大分ゴルフクラブ p693
資料編  p697
統計 グラフ・数表 p697
一日平均旅客運賃収入の推移 p698
一日平均輸送人員および一人平均乗車キロ p700
主要駅乗降人員の伸び p702
輸送人員・旅客運賃収入の定期・定期外構成比の推移 p704
一日平均客車走行キロおよび一キロ平均輸送人員 p705
一日平均鉄道用電力消費量の推移 p706
変電所数と整流器容量の推移 p707
踏切道数の推移 p708
客車数の推移 p709
不動産業営業収入の推移 p710
事業施設営業収入の推移 p712
従業員数の推移 p713
発行株数・株価・配当率・株主数の変遷 p714
資本金の変遷 p716
社債発行一覧表 p716
要約貸借対照表の推移 p718
要約損益計算書および配当の推移 p720
事業別営業収益の推移 p723
運輸営業成績表 p726
一日平均運輸営業成績表 p734
旅客運賃の変遷 p742
一日平均主要駅乗降人員・運輸収入 p744
主要車両諸元 p750
客車数の推移 p752
客車の変遷 p754
他社線へ転出した客車 p758
踏切道数の推移 p758
レール延長・枕木敷設数の推移 p759
信号保安装置・踏切保安装置の推移 p760
変電所数と整流器容量の推移 p760
通信設備の推移 p761
分譲土地・建物販売の推移 p762
事業施設営業収入の推移 p765
沿線人口の推移 p766
写真 駅・車両・宣伝ポスター p761
むかしの駅 p761
歴代車両 p761
思い出のポスター p761
事業圏現勢図 p761
記念乗車券と沿線案内 p761
年表 p783
あとがき p823
索引リスト
PAGE TOP