東北振興会『東北振興史. 上巻』(1938.08)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
第一章 東北振興会の事業 p1
東北振興会規則 p1
東北振興会の設立と凶作救済事業 p3
東北凶作救済会の設立 p5
東北地方の凶作 p7
義捐金募集趣意書 p9
東北九州災害救済会規約 p10
地方に関する規約 p12
秋田県の震災 p12
京浜有力者招待 p14
京阪地方及名古屋の遊説 p18
被害地々方長官招待 p24
役員総会 p30
義捐金募集状況 p36
義捐金品の分配率及使途方法 p40
義捐金の分配 p44
救済事業成績 p47
収支決算 p48
玉木主事の災害地視察報告摘要 p51
広瀬主事の災害地視察報告摘要 p56
宮内大臣への報告書 p61
主なる義捐者氏名 p63
第二章 会頭渋沢栄一男の奮闘 p74
渋沢男爵の東北振興遊説 p74
青淵先生旅行 p75
青淵先生北越及奥羽旅行 隨行員白石喜太郎記 p79
日程経過 p79
第三章 東北振興の基礎調査 p215
東北振興会の事業経過 p215
東北振興会の組織に就て p215
東北振興の基礎的調査 p216
東北振興会懇談会 p220
東北振興に関する講演 p223
東北地方の農事一班 農事試験場陸羽支場長 中川庄司氏述 p223
東北地方の農業 東京帝国大学農科大学長 農商務省農事試験場長 古在由直氏述 p241
東北に於ける蚕糸業 上田蚕糸専門学校長 針塚長太郎氏述 p248
温暖季節に於ける東北地方の気候一班 上田蚕糸専門学校教授 築地宣雄氏述 p266
東北振興策に就て 農学博士 佐藤昌介氏述 p286
東北振興に関する意見 p301
東北振興会の機構改革協議 p310
東北振興会規則 p312
東北振興会々員氏名 p315
東北振興協議会 浅野源吾記 p320
協議事項 p320
特別委員会 p330
委員総会 p337
第四章 東北振興大会議 p339
東北振興会支部聯合大会 浅野源吾記 p339
支部大会に提出の議案 p340
大会議案審議の経過 p343
我国産業界の将来 東北振興会監事 志村源太郎氏述 p360
公会堂に於ける福島市の招待会 p365
支部大会出席者氏名 p366
第五章 東北振興意見 p371
東北振興に就て 内閣総理大臣 原敬氏談 p371
東北の為に尽力茲に四十有余年 東北振興会々頭 男爵 渋沢栄一氏談 p372
漸進主義の東北 男爵 大倉喜八郎氏談 p377
東北振興の意義に就て 内務大臣 水野錬太郎氏談 p378
食糧問題より観たる東北開発事業 農商務次官 犬塚勝太郎氏談 p381
努力の一語 福島県知事 香坂昌康氏談 p384
工業立国と資本家の態度 宮城県知事 上田万平氏談 p387
自覚と資本関係 山形県知事 岸本正雄氏談 p388
産業文化の促進 岩手県知事 後藤祐明氏談 p389
国有林野払下と産業の発展 青森県知事 松原権四郎氏談 p390
六県人士の協力を前提とす 秋田県知事 池田秀雄氏談 p391
第六章 米価暴騰救済事業 p393
米価暴騰に伴ふ東北六県の救済事業施設状況 p393
食糧問題 内務次官 小橋一太氏談 p394
福島県に於ける救済施設状況 p396
宮城県に於ける救済施設状況 p421
岩手県に於ける救済施設状況 p442
青森県に於ける救済施設状況 p457
秋田県に於ける救済施設状況 p467
山形県に於ける救済施設状況 p484
第七章 東北振興会最後の施設 p499
東北振興会解散協議委員会 p499
東北振興会講演会開設に関する打合会 p500
東北振興巡回大講演会 p503
索引リスト
PAGE TOP