住友金属鉱山(株)『住友別子鉱山史. 上巻』(1991.05)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
[目次] NP
口絵 巻頭
発刊にあたって NP
監修のことば NP
第一部 別子銅山の開坑と盛山期 p3
第一章 別子銅山の開坑と発展 p3
第一節 別子銅山の開坑 p3
幕領別子山村 p3
鉱脈の発見 p4
泉屋の稼行認可 p5
開坑 p6
第二節 銅山の発展 p8
銅山開発 p8
産銅高の問題 p9
第二章 別子銅山の領知と経営 p15
第一節 別子銅山の支配と領知 p15
代官 p15
川之江陣屋 p18
銅山役人 p19
第二節 運上 p20
銅運上と口銅 p20
炭運上 p22
運上などの金納の問題 p27
第三節 別子銅山の経営 p29
経営稼行の組成 p29
山師家内 p32
山内人数 p35
山内施設 p37
第三章 幕府の銅政策と別子銅山 p40
第一節 銅貿易と銅座 p40
銅貿易の発展 p40
銅輸出の増加 p41
銅座の設立 p43
第二節 銅貿易と別子銅 p45
手山銅・別子銅の処理 p45
銅貿易と別子銅 p47
第三節 大坂の銅吹所 p55
銅吹屋泉屋 p55
工程と施設 p56
オランダ商館長の参観 p57
棹銅と型銅 p59
第四節 幕府の産銅政策と別子銅山 p60
産銅増加の泉屋意見書 p60
立川山村道の開設 p62
買請米制 p63
第四章 別子銅山の稼行 p68
第一節 採鉱と製錬 p68
採鉱 p68
選鉱・製錬 p70
第二節 排水作業 p74
樋引 p74
水抜き普請 p75
第三節 経営稼行の推移 p75
産銅 p75
生産費増大 p76
第五章 別子・立川両鉱山の関係 p84
第一節 別子・立川銅山鋪内抜合事件 p84
元禄八年鋪内抜合い p84
別子山村・立川山村の境界決定 p85
その後の鋪内抜合い p86
第二節 立川銅山地域の上知 p86
山木与惣左衛門代官の献言 p86
立川山村その他の上知 p87
立川銅山の稼行 p88
第三節 別子・立川両銅山一手稼行の問題 p90
泉屋の両銅山一手稼行出願 p90
両銅山の境界問題 p91
両銅山間の通路問題 p92
第二部 江戸中・後期の別子銅山 p97
第一章 老山化の徴候 p97
第一節 元禄七年と明和三年の銅の生産費 p97
かさむ銅の生産費 p97
採鉱費 p98
製錬費 p100
運送費 p101
第二節 採鉱 p102
間歩の変遷 p102
採鉱 p103
代々水抜 p104
採掘 p106
樋引 p108
第三節 製錬 p108
焼鉱 p108
鉑吹・間吹 p110
第四節 炭山 p112
御料炭と他領炭 p112
土佐領の炭山 p114
別子山村の炭山 p115
第五節 施設と人員 p117
山内人口 p117
山内施設 p120
銅山の役人 p120
稼人 p121
山師家内 p124
享保六年の家法 p126
第二章 立川銅山の併合 p130
第一節 享保~宝暦期の立川銅山 p130
京都糸割符仲間から大坂屋へ p130
産銅高 p131
採鉱 p133
製錬 p136
炭山 p138
山内人口と施設 p140
銅山の役人 p140
稼人と山師家内 p142
第二節 立川銅山の併合 p144
大坂屋から譲渡の申入れ p144
西条藩領農民の異議申立て p145
銅座による調査 p146
美坂杢兵衛名義で請け負う p148
泉屋理兵衛名義で請け負う p150
一手稼行へ p151
第三節 正徳から宝暦期における幕府の銅政策  p152
正徳長崎新例 p152
割合御用銅 p153
別子・立川銅山への助成 p154
元文の銅座 p155
買請米 p157
御用銅定高七二万斤 p161
第三章 一手稼行後の別子・立川銅山 p164
第一節 一手稼行の完成 p164
立川銅山の引渡しと名義変更 p164
合併の効果 p165
第二節 経営組織と銅山の生活 p166
山内人口 p166
山師家内と稼人 p168
山内施設 p170
山内の寺社と信仰 p175
銅山の一年 p176
第三節 銅山の経理 p179
「銅山帳」の内容 p179
収支の構造 p182
経費の拡大 p183
第四節 明和の銅座と別子産銅 p186
銅集荷体制の変遷 p186
別子の産銅状況と御用銅高 p187
第五節 買請米制度の展開 p189
買請米の割賦 p189
買請米の輸送 p194
第六節 一万俵貸付と八蔵屋 p196
一万俵貸付制度 p196
八蔵屋預銀米滞り一件 p198
第四章 銅山経営の苦悩 p200
第一節 炭山の遠隔化 p200
銅山附御林山 p200
土佐藩の林政と御留山 p202
御料炭と他領炭の割合 p204
炭の使用量 p205
第二節 天明の大涌水と小足谷抜水 p207
涌水とその克服 p207
開坑一〇〇年記念祭 p211
小足谷水抜開さく計画 p212
第三節 買請米制度の改定 p214
制度見直しの動き p214
買請価格の引上げ p215
第四節 地売銅の売上げ p217
余銅の売上げ p217
地売銅売上げの開始 p219
住友の苗字と銅山御用達の名目 p221
地売銅値段と売上げの推移 p222
第五節 寛政十二年の銅山改革 p224
改革の経過 p224
改革の内実 p226
掛板の内容 p228
改革の意義 p230
第六節 化政期の災害と涌水 p232
災害と手当銀の拝借 p232
別子における災害の特色 p234
文政の大涌水 p236
第三部 幕末・明治前期の別子銅山 p241
第一章 幕末期別子銅山の経営危機 p241
第一節 天保期の経営難と別子休山願 p241
長崎御用銅の負担 p241
産銅コストの上昇 p242
別子開坑一五〇年祭 p245
天保の休山願 p246
幕府隠密の視察と御用銅の値上げ p247
大坂本店の経営危機 p250
第二節 幕末期の経営組織 p251
幕末期の概況 p251
各店部の組織 p252
製錬工程 p260
山内人口と給料 p262
第三節 嘉永期の三角排水と買請米値段 p265
三角の排水と新稼行場 p265
地売銅の再開 p268
買請米の値下げ願と新田開発 p269
第四節 安政の涌水と御用銅値段 p271
三角の水没と洋式ポンプ p271
助成金の拝借 p273
横浜開港と御用銅の値上げ願 p274
御用銅の再値上げ願 p275
第五節 長崎御用銅の廃止と買請米 p277
家督相続と御用金 p277
銅米「両全仕法」の出願 p277
長崎御用銅と買請米の廃止 p278
第六節 買請米の継続願と別子騒動 p280
買請米の継続願 p280
産銅コストの上昇 p282
別子騒動 p283
経営の悪化 p284
騒動首謀者の処罰 p285
第二章 明治維新の動乱と別子稼行権の確立 p288
第一節 別子銅山の接収と大阪本店銅蔵の封鎖 p288
土佐藩の川之江進出 p288
土佐藩への接近 p291
土佐藩の別子預り支配 p293
大阪本店銅蔵の封鎖 p294
銅会所の設置と吹所の再開 p295
新政府への別子稼行願 p296
第二節 別子稼行の諸出願と家政改革 p298
別子永続策の嘆願 p298
維新期の経営難 p300
明治元年の家政改革 p301
立川精銅場と小足谷疎水道 p304
第三節 「開坑規則」の制定と立川精銅場の操業 p305
広瀬の鉱山司出仕と開坑規則 p305
立川精銅場の操業と火薬 p309
第四節 別子銅山開拓資金の確保と神戸出店の設置 p310
明治二年の経営難と銅山札 p310
明治三年の家政改革 p312
借入金 p314
神戸出店の設置 p315
第五節 買請米の終焉と別子改革 p317
買請米の削減 p317
広瀬の工部省出仕 p318
西洋技術の導入願 p319
買請米の終焉と外国人技師 p320
別子銅山の改革 p321
第六節 「鉱山心得」の制定と諸負債の償却 p325
「鉱山心得」の制定 p325
別子銅山の請負手続き p327
諸負債の返済 p329
第七節 経営の安定と月給・等級制の採用 p331
経営の安定 p331
等級・月給の採用 p333
学校・病院の設置 p337
第八節 「日本坑法」の制定と諸懸案の解決 p338
コワニェの視察 p338
外国人技師雇用問題 p339
「日本坑法」の制定 p340
ラロックの雇用と別子稼行権 p341
第三章 別子鉱山近代化プランの実践と苦悩 p345
第一節 別子近代化の問題点とラロックの目論見書 p345
ラロックの別子赴任と現状 p345
コワニェの提言と広瀬の構想 p346
フレッシュヴィルの提言 p347
ラロックの提言 p348
東延斜坑と機械場の必要性 p350
東延斜坑の角度と完成予定 p351
運搬車道の必要性 p352
高橋・新居浜精錬所の役割 p353
総事業予算書 p354
ラロックの解雇 p355
第二節 別子近代化起業方針の策定と組織の整備 p356
近代化起業方針 p356
東延斜坑の開さく p357
フランス留学派遣 p357
経営の発展 p359
別子の組織改革 p360
大阪長堀吹所の廃止 p361
第三節 第一次近代化事業の達成と第二次起業案の策定 p363
広瀬、総理代人に就任 p363
大島技師の雇用と牛車道 p364
御代島築港と灯台 p365
東延・小足谷の開さくとダイナマイト p365
高橋熔鉱炉と湿式収銅場の建設 p366
第二次起業案の策定 p367
第四節 人材の確保と家法の制定 p370
人材の確保 p370
明治十二年の職制 p370
明治十五年家法と別子事務章程 p371
第五節 松方デフレと第二次起業案の見直し p378
第二次起業案の見直し p378
銅価の下落と経営悪化 p379
近代化起業の停滞 p382
金矢技師の雇用とコークス p383
塩野技師の帰国 p384
第六節 東延新鋪の開さくと東延事業所の設置 p385
東延新鋪の開さく p385
桑原技師の雇用 p386
東延事業所の建設と挫折 p387
第七節 小足谷疎水道・第一通洞の完成と山林の確保 p389
小足谷疎水道の完成 p389
第一通洞の完成 p390
第一備林の確保 p391
周辺山林の確保 p393
第八節 新居浜惣開製錬所の建設と苦悩 p395
建設頭 p395
操業試験とピルツ炉の採用 p396
将来計画 p398
ピルツ炉の問題点 p399
第九節 別子製礦課改革と山根製錬所の建設 p400
別子製礦課の問題点 p400
岩佐技師の意見書 p402
山根製錬所の建設願 p403
別子製礦課改革の挫折 p403
第四章 別子鉱山の発展と事業の多角化 p407
第一節 産銅市場の活況と採鉱量の増加 p407
経営の回復 p407
銅シンジケート p408
諸鉱山の買収 p410
東延蒸気巻揚機の設置 p411
第二節 新居浜惣開・山根製錬所の操業 p413
塩野技師の構想 p413
惣開製錬所の竣工とKS銅 p414
新居浜分店の設置 p416
山根製錬所の竣工 p416
副産物の製出 p417
第三節 別子製礦課の再編と製炭課の設置 p419
ピルツ炉の採用 p419
製炭課の設置 p420
第四節 鉱業条例の制定と組織の再編 p421
鉱業条例の制定 p421
別子開坑二〇〇年祭 p423
明治二十四年家法と別子事務章程 p425
別子重任分局の移転 p427
第五節 第二通洞の開さくと鉱山鉄道の敷設 p428
第二通洞と鉱山鉄道計画 p428
第二通洞の着工 p430
別子鉱山鉄道の敷設 p430
第六節 洋式製錬の発展と石炭エネルギーへの転換 p433
新居浜製錬所の発展 p433
別子・高橋製鉱課の合併 p435
石炭エネルギーへの転換 p438
庄司・忠隈炭坑の買収 p439
第七節 山根製錬所と製鉄事業の挫折 p441
製鉄事業への進出 p441
新居浜製鉄所の設置 p443
経営の悪化 p444
別子近代化の停滞 p447
第五章 新居浜の発展と旧別子の終焉 p452
第一節 別子鉱山の騒擾と事業整理 p452
広瀬宰平の引退 p452
伊庭支配人の事業整理 p453
第二節 明治二十九年の組織改革 p455
組織の刷新 p455
別子事務章程の改正 p455
第三節 東延斜坑・三角排水の完成と東延機械場の刷新 p459
東延斜坑の完成 p459
三角排水と第三通洞 p460
鉱区の拡大 p462
東延機械場の刷新 p463
第四節 運搬事業の隆盛と発電所の企画 p466
単式索道と端出場発電所 p466
運輸課の設置 p468
第一・第二同盟船の成立 p469
第五節 別子高橋製錬所の拡張と湿式収銅の廃止 p470
高橋製錬所の拡張 p470
四阪島製錬所の選定 p471
高橋製錬所への産銅依存 p472
高橋製錬所の工程 p473
新居浜コークス製造所 p474
鉱毒予防工事と湿式収銅 p476
第六節 明治三十二年の大水害と旧別子の終焉 p478
大水害の発生 p478
別子鉱業所の新居浜移転 p479
第七節 新居浜の発展と関連事業の派生 p484
新居浜製錬所の一貫製錬 p484
製錬設備の改造 p486
当吹炉の開発 p487
電気精銅試験と反射炉 p489
経営の推移 p489
関連事業の派生 p491
索引 p505
口絵目次 巻頭
別子鉱山図 巻頭
住友家新年床飾り(床尻銅・吹炭・小鉑) 巻頭
歓喜坑(左)・歓東坑(右) 巻頭
田向重右衛門あて住友友信書状 巻頭
ラロック「別子鉱山目論見書」 巻頭
ラロック使用のトランシット 巻頭
東延斜坑機械場 巻頭
新居浜製錬所 巻頭
フレッシュヴィル別子鉱山視察状況添付略図写 巻頭
伊予別子鉱山坑内平面全図 巻頭
伊予別子鉱山坑内截面全図 巻頭
別子鉱山露頭・施設図(明治17年実測図に加工) 巻頭
別子鉱山周辺図(明治期) 巻頭
表目次 NP
第一部  p29
表1-1 18世紀前期の別子銅山従業職種別人数(正徳3~享保7年) p29
表1-2 山師家内職場別人数(元禄8年・享保8年) p33
表1-3 元禄7年焼失・再建の建物施設 p37
表1-4 別子銅入払目録、泉屋吹屋方目録・銅入払目録(元禄14年) p45
表1-5 泉屋銅元払目録・手山銅元払目録(元禄15年) p46
表1-6 泉屋銅請払(元禄15年) p47
表1-7 別子銅の配分処理(宝永5~正徳2年) p50
表1-8 手山銅・買入銅の棹銅・吹銅吹立て販売(宝永5~正徳2年) p52
表1-9 古銅座・新銅座売渡棹銅・荒銅高(正徳元年・2年) p53
表1-10 鉑10荷の鉑代・鉑吹・間吹入用(元禄16~宝永4年) p78
表1-11 鉑鏈荷数・出来銅高・入用費と鏈(鉑)10荷の出来銅高等(元禄12~宝永4年) p79
表1-12 鉑鏈荷数・出来銅高・入用費と鏈10荷の入用明細(元禄16・宝永3年) p80
第二部  p98
表2-1 銅の生産費(元禄7・明和3年) p98
表2-2 採鉱・製錬費目の比較(元禄7・明和3年) p99
表2-3 採鉱関係の稼人数(元禄8・明和6年) p99
表2-4 歓東間歩四つ留からの距離と高低差 p105
表2-5 採鉱関係の稼人数・鎚数・樋数 p106
表2-6 山留などの給銀 p107
表2-7 鉑石の歩付 p111
表2-8 吹大工の賃銀(延享3年) p111
表2-9 炭山の沿革(宝永6~宝暦11年) p113
表2-10 山内人口(正徳元~宝暦11年) p118
表2-11 稼人の内訳(正徳3~宝暦11年) p118
表2-12 稼人の内訳(寛延元年) p119
表2-13 山内施設(正徳3・元文4年) p119
表2-14 山内施設(寛延元年) p120
表2-15 部署と手代数の変遷(享保6~明和6年) p124
表2-16 勘場の手代一覧(明和6年) p125
表2-17 新居浜口屋の手代一覧(明和6年) p125
表2-18 立川銅の割合御用銅高(享保元~7年) p132
表2-19 運上金・銀と産銅高(立川銅山・享保6~延享元年) p132
表2-20 採鉱関係の稼人数・鎚数・樋数(立川銅山・延享2~宝暦11年) p134
表2-21 稼人の内訳(立川銅山・延享2・宝暦11年) p135
表2-22 鉑石の歩付(立川銅山・享保元~宝暦11年) p137
表2-23 他領炭の比率(立川銅山・延享4~宝暦11年) p139
表2-24 山内施設(立川銅山・延享2年) p140
表2-25 立川銅山の山師家内(寛延元年) p143
表2-26 割合御用銅高(享保元~7年) p154
表2-27 買請米石数・値段(元禄15~宝暦11年) p159
表2-28 別子銅の割合御用銅高(享保元~7年) p161
表2-29 別子荒銅の大坂廻着高(享保11~宝暦10年) p161
表2-30 稼人の内訳(宝暦11~天保8年) p167
表2-31 山師家内の役職と給与(明和6年) p169
表2-32 稼人の賃銀(明和6年) p169
表2-33 山内施設(宝暦11~天保8年) p171
表2-34 別子銅山の収支(宝暦13年) p180
表2-35 鉑石一、〇〇〇貫目当りの経費(明和6年 p183
表2-36 買請米国別割賦割合(宝暦12~天保3年) p191
表2-37 宇摩・新居郡への買請米割付(文化11年) p193
表2-38 1万俵貸付勘定(明和元年) p197
表2-39 郡別1万俵貸付高(天明8年) p197
表2-40 土佐の炭山(宝暦~天保期) p203
表2-41 天明涌水後の湛水と排水(天明6~寛政4年) p209
表2-42 地売銅売上高(寛政11~天保8年) p223
表2-43 年代別災害件数(一六九一~一八六八年) p234
表2-44 月別災害件数 p235
表2-45 文政涌水後の湛水状況(文政9~嘉永3年) p238
第三部 p242
表3-1 別子銅山長崎御用銅・地売銅値段 p242
表3-2 産銅コスト(明和元~弘化元年) p243
表3-3 産銅高・純利益(文政6~嘉永元年) p244
表3-4 稼人主要賃銀一覧(天保14年) p247
表3-5 別子銅山職員数(天保9~文久3年) p255
表3-6 別子銅山稼人・馬・船数(弘化元~慶応元年) p255
表3-7 山内施設(弘化元~慶応元年) p256
表3-8 別子銅山職員・稼人出生地(天保5~元治元年) p263
表3-9 別子職員半期給料(慶応3年) p264
表3-10 別子銅山主要貸物値段(天保14~明治4年) p264
表3-11 産銅高・純利益(嘉永2~慶応3年) p269
表3-12 別子銅山買請米高・相場表(天保元~慶応3年) p270
表3-13 別子銅山経費・産銅コスト(安政元・2年) p273
表3-14 別子銅山経費・産銅コスト(万延元~慶応2年) p276
表3-15 稼人主要賃銀一覧(文久3~明治4年) p281
表3-16 別子銅山の純利益と大坂本店の諸経費(嘉永2~慶応3年) p284
表3-17 旧幕府銅、吹屋仲間預り高(慶応4年) p295
表3-18 鉱山局の沿革(明治元~10年) p302
表3-19 別子職員給料(明治2・3年) p313
表3-20 別子産銅売払い一覧(明治元~4年) p316
表3-21 別子銅山職員数(明治元・3・5年) p323
表3-22 買請米代金返済の推移(慶応2~明治13年) p330
表3-23 別子鉱山産銅高(明治元~9年) p332
表3-24 別子鉱山損益計算書(明治元~9年) p332
表3-25 別子山内人口(明治5年) p334
表3-26 別子鉱山等級・月給表(明治6年) p335
表3-27 別子山内稼人数(明治5・8年) p360
表3-28 住友家等級・月給表(明治9・10年) p361
表3-29 鉱区の変遷(明治19年) p363
表3-30 別子鉱山職員数(明治14~16年) p373
表3-31 別子鉱山労働者数(明治15~18年) p375
表3-32 主要産銅国(明治16~23年) p379
表3-33 銅相場(文久2~明治34年) p380
表3-34 別子鉱山産銅高(明治10~19年) p380
表3-35 別子鉱山損益計算書(明治10~19年) p381
表3-36 別子鉱山採鉱高(明治元~19年) p385
表3-37 別子鉱山運輸高(明治13~19年) p389
表3-38 別子製礦課製錬実績(明治10~18年) p401
表3-39 フランスシンジケート約定銅一覧 p409
表3-40 別子鉱山採鉱高(明治20~26年) p412
表3-41 別子製礦課粗銅・沈澱銅生産高(明治14~26年) p420
表3-42 鉱区の変遷(明治28年) p422
表3-43 労働者賃金表(明治25年) p422
表3-44 別子鉱山運輸高(明治24~32年) p432
表3-45 新居浜製錬所労働者数(明治27年) p433
表3-46 別子・新居浜製錬所粗銅製出高(明治23~32年) p435
表3-47 木炭・石炭・コークス統計表(明治13~32年) p438
表3-48 別子鉱山産銅高(明治20~27年) p444
表3-49 別子鉱山損益計算書(明治20~27年) p444
表3-50 山根製錬所製出沈澱銅・硫酸高(明治21~27年) p445
表3-51 新居浜製鉄所生産高(明治24~27年) p446
表3-52 別子・足尾鉱山近代化比較表(明治2~大正9年) p447
表3-53 わが国の産銅高(明治7~35年) p448
表3-54 別子鉱山職員数(明治22~32年) p457
表3-55 別子鉱山山内人口(明治21~29年) p458
表3-56 鉱区の変遷(明治30年) p463
表3-57 採鉱課労働者数(明治26~33年) p465
表3-58 別子鉱山採鉱高(明治27~36年) p465
表3-59 四阪島・高橋製錬所精銅コスト見積書 p471
表3-60 別子製鉱課(高橋製錬所)労働者数(明治27・31年) p472
表3-61 コークス買入れ・製造高(明治23~32年) p475
表3-62 別子沈澱銅製出高(明治24~32年) p477
表3-63 別子鉱山職員数(明治33年) p481
表3-64 新居浜製錬所労働者数(明治31・35年) p485
表3-65 別子鉱山産銅高(明治28~34年) p491
表3-66 別子植林本数(明治10~32年) p493
図目次 NP
第一部  p4
図1-1 別子銅山坑口位置関係図 p4
第二部  p184
図2-1 別子銅山の経費(宝暦11~天保2年) p184
図2-2 伊予の買請米割付村と積出港 p195
図2-3 土佐の炭山分布図 p203
図2-4 御料炭・他領炭の比率(宝暦12~天保3年) p204
図2-5 炭の使用量(宝暦12~天保3年) p206
図2-6 松山石代値段の推移(宝暦12~天保3年) p216
第三部 p252
図3-1 別子銅山組織図(幕末期) p252
図3-2 勘場図(天保期) p253
図3-3 鋪方役所図(天保期) p257
図3-4 吹方役所図(天保期) p258
図3-5 別子銅山排水経路図(安政3年) p266
図3-6 買請米値段と松山米相場の推移(天保元~慶応3年) p278
図3-7 別子銅山周辺地図(明治期) p289
図3-8 住友家組織図(明治3年) p312
図3-9 別子鉱山組織図(明治9年) p360
図3-10 別子鉱山組織図(明治12年) p371
図3-11 別子鉱山組織図(明治15年) p372
図3-12 別子鉱山第一・第二備林分布図(明治28年) p392
図3-13 銅相場の推移(文久2~明治34年) p408
図3-14 別子鉱山組織図(明治24年) p425
図3-15 別子鉱山断面図 p429
図3-16 別子鉱山運搬経路図 p431
図3-17 別子鉱山塩化焙焼系統図 p442
図3-18 別子鉱山組織図(明治29年) p456
図3-19 別子鉱山組織図(明治32年) p481
図3-20 新居浜製錬所製錬系統図 p490
写真目次 NP
第一部  p6
写真1-1 元禄四年の開坑願書 p6
写真1-2 蘭塔場 p9
写真1-3 天満浦 p11
写真1-4 入野よりおばこ峠を望む p11
写真1-5 銅山役人による荒銅改め p19
写真1-6 土佐の炭山 p25
写真1-7 鋪内の採鉱作業  p30
写真1-8 砕女による選鉱 p30
写真1-9 鉑買 p31
写真1-10 小足谷の円通寺出張所跡 p35
写真1-11 予州別子銅山初発之書付 p38
写真1-12 銅座公用留・銅座御用扣 p44
写真1-13 住友銅吹所跡 p56
写真1-14 永代請負等を主張する泉屋意見書 p61
写真1-15 焼竈 p71
写真1-16 間吹 p71
写真1-17 大和間歩 p84
写真1-18 別子立川鋪之中立会改絵図 p86
第二部  p105
写真2-1 代々水抜の銀切の跡 p105
写真2-2 焼竈 p109
写真2-3 土佐黒滝山 p115
写真2-4 狼藉取鎮め令 p123
写真2-5 予州別子銅山江家法之品書 p127
写真2-6 立川銅山図 p131
写真2-7 太平間歩 p134
写真2-8 「予州立川御銅山御公用日記」 p145
写真2-9 「銅座勘定帳」 p156
写真2-10 立川銅山請負証文 p165
写真2-11 東延の坑口と山神社 p172
写真2-12 泉屋寄進の金刀比羅宮灯籠 p175
写真2-13 山神社の祭礼 p178
写真2-14 松山藩送金為替手形 p181
写真2-15 第3次銅座跡 p187
写真2-16 明和5年の風水害による被害 p188
写真2-17 鬼ヶ城山 p201
写真2-18 葛川山 p201
写真2-19 寛永水抜および流水附近絵図 p209
写真2-20 工事途中の小足谷水抜 p213
写真2-21 地売銅仕切書 p219
写真2-22 銅山御用達名目・苗字御免達書 p221
写真2-23 別子銅山惣手代の改革請書 p225
写真2-24 掛板につき指示する友紀書状 p231
第三部 p245
写真3-1 古観音堂(蘭塔場)と観音堂 p245
写真3-2 東武旅客入山の聞合応答書(弘化2年) p248
写真3-3 焼竈図 p261
写真3-4 鉑吹・間吹炉図 p261
写真3-5 樋引の図 p272
写真3-6 広瀬宰平 p290
写真3-7 川田小一郎銅像 p291
写真3-8 土佐藩預り所制札(慶応4年) p293
写真3-9 半朱銭(慶応通宝)雛形図 p299
写真3-10 立川精銅場 p309
写真3-11 別子銅山札(山銀札) p311
写真3-12 但州生野鉱山図 p318
写真3-13 別子銅山請負許可証 p328
写真3-14 私立住友病院と私立別子尋常高等小学校目出度町分教室 p337
写真3-15 別子鉱山仮坑区券と別子鉱山借区開坑願添付図(明治6年) p342
写真3-16 別子鉱山図(明治14年) p345
写真3-17 別子鉱山報告書 p348
写真3-18 東延斜坑目印 p350
写真3-19 東延斜坑截面図 p351
写真3-20 東延斜坑坑口 p357
写真3-21 塩野門之助と海外渡航証 p358
写真3-22 住友鰻谷本邸洋館と銅橋 p362
写真3-23 牛車道 p364
写真3-24 円筒炉設計図 p366
写真3-25 別子第一近代化事業達成記念カップ p367
写真3-26 東延谷の築堤 p388
写真3-27 第一通洞南口 p390
写真3-28 惣開製錬所建設見込図 p396
写真3-29 リオチント炉 p400
写真3-30 弟地(筏津)坑業所(明治19年) p404
写真3-31 新居浜惣開製錬所 p414
写真3-32 KS銅とその広告書 p415
写真3-33 山根製錬所 p417
写真3-34 別子開坑200年記念写真(明治23年) p424
写真3-35 楠公銅像 p424
写真3-36 重任分局配置図(明治25年) p427
写真3-37 第二通洞仮通洞券(明治22年) p430
写真3-38 上部鉄道 p432
写真3-39 高橋製錬所 p436
写真3-40 忠隈炭坑(明治27年) p439
写真3-41 伊庭貞剛 p453
写真3-42 東延斜坑内部とラロックの「別子鉱山目論見書」 p459
写真3-43 東延機械場空気圧縮機(明治31年) p464
写真3-44 複式索道と単式索道 p467
写真3-45 新居浜コークス製造所 p475
写真3-46 小足谷の流水沈澱場(明治31年) p476
写真3-47 別子大水害(明治32年) p479
写真3-48 別子鉱山遭難流亡者碑 p480
写真3-49 長方形水套炉 p486
写真3-50 七番山の植林 p493
索引リスト
PAGE TOP