三菱鉛筆(株)『時代を書きすすむ三菱鉛筆100年』(1986.10)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
巻頭口絵 巻頭
ご挨拶 取締役社長 数原洋二 NP
書く・描く p2
「書く・描く」への考察 p2
文字、書く行為の歴史 山口昌男 p2
考古学からみた日本の文字文化 森浩一 p9
書くことについて 宅摩武俊 p15
「書く・描く」ための人体メカニズム 坂野登 p20
子供の人格形成の上での「書く・描く」行為とは 村越邦男 p25
「書く」コミュニケーション 後藤和彦 p31
私にとって「書く・描く」とは(インタビュー) p36
描くことは生きること 風間完 p36
1行に心をこめて 岡部伊都子 p38
静寂は音楽の源 芥川也寸志 p40
コピーの原点 糸井重里 p42
手から産まれる設計 林雅子 p44
1本の線 久里洋二 p46
鼎談 筆記具は文化をつくる 渡部昇一/数原洋二/数原英一郎 p48
三菱鉛筆100年 p62
中口絵 p62
第1章 黎明 鉛筆の国産化、工業化への歩み p62
第1節 夢の筆記具 鉛筆の生成・普及 p62
1. 鉛筆づくりの夢 p62
●はじめに p62
●鉛筆の生い立ち p63
●夢の追求、創業者 真崎仁六 p65
2. 真崎鉛筆の誕生 p67
●内藤新宿に創業 p67
●経営環境 p69
●逓信省御用 p70
●三菱ブランドの登録 p71
●販売面での苦境 p72
3. 真崎市川鉛筆時代 p73
●社名変更、工場の移転 p73
●鉛筆の普及 p74
●分裂の悲劇、真崎鉛筆へ p75
第2節 基盤確立への道 p77
1. 色鉛筆の大和鉛筆 p77
●異色の色鉛筆専門工場 p77
●近藤賢二 p78
●数原三郎の登場 p78
2. 真崎・大和 両社合併への機運 p80
●真崎・大和 両社の苦闘 p80
●関東大震災 p80
3. 真崎大和鉛筆の誕生 p81
●合併へ p81
●真崎仁六の逝去、新会社の誕生 p82
第3節 発展する真崎大和鉛筆 p84
1. 経営基盤の確立 p84
●雨降って地固まる p84
●鉛筆生産技術の集大成 p85
●販売網の整備 p86
●輸出体制の確立 p88
●子安工場の建設 p90
●戦時体制への動き p90
2. 戦禍に耐えて p91
●軍靴の響き p91
●軍需指定工場へ p93
●陸海軍への納入 p95
●翼をつくる p96
●小松工場(現・山形工場)の建設 p97
●韓国、台湾、中国との交流 p99
●戦災、壊滅 p101
第2章 復興 新生三菱鉛筆の歩み p103
第1節 暗夜の一灯 p103
1. 復興への道 p103
●壊滅からの再起 p103
●右手に復興、左手に生産 p104
●戦禍の時代の終わり p105
2. 復興・躍進 社名の変更 p107
●復興作業の槌音 p107
●生産計画の達成 p110
●創業65年 p113
●社名変更、三菱鉛筆株式会社へ p114
第2節 真摯な努力 p115
1. 経営拡大の基調 p115
●最高の品質こそ最大のサービス p115
●JISの制定 p115
●生産の標準化 p117
●宣伝の重視、強化 p118
●販売体制の構築 p119
●三菱会の結成 p121
2. 多角化路線 p122
●消費者志向への対応 p122
●多角化の尖兵・三菱シャープナー p124
●ユニの開発 p126
3. 数原三郎の勇退 p128
●その仕事と人柄 p128
第3章 躍進 p130
第1節 業容拡大を目指して p130
1. 拡大、近代化への課題 p130
2. 商標権の拡大と株式の公開 p132
●商標権の拡大取得 p132
●株式公開、上場 p133
3. 多角化への取り組み p133
●浅沼事件とシャープナー p133
●鉛筆の自由化とユニ p134
●多角化への歩み p135
第2節 経営近代化への布石 p141
1. 流通の近代化  p141
●近代化・合理化への課題 p141
●販売体制再構築への動き p142
●本社・販売会社合併へ p143
●一転合併中止、大阪販売会社の解散 p143
●同志的結合へ p144
2. 世界のMITSUBISHIへ p147
●新しい開発・生産方式の策定 p147
●高級筆記具への対応 p148
●アメリカ三菱の設立 p148
第3節 生産の近代化 p151
1. 大井工場の移転と本社社屋の改築 p151
●大井工場地区整備計画とその対策 p151
●移転 p152
●本社社屋の改築とコンピュータの導入 p153
2. 群馬への進出 p154
●未来の化学技術工場として p154
●建設・稼動 p156
3. 横浜事業所の充実 p158
●商品多角化のベースとして p158
●研究・開発の成果 p160
4. 山形工場の充実 p162
●鉛筆専門工場としての役割の倍加 p162
●徹底した合理化 p164
第4節 関連会社の育成 p166
1. 関連会社 p166
2. ユニ工業 p166
3. ダイヤクラフト p168
4. 華菱鉛筆工業 p169
第5節 人は石垣、人は城 p171
1. 当社の人事制度 p171
●その概要 p171
●人事制度の近代化 p171
2. 福祉制度 p172
●自治会、菱和会 p172
●福祉向上施策 p173
●ハンドボール部の活躍 p174
第4章 激動 p175
第1節 苦難を乗り越える p175
1. 石油危機の突発 p175
●オイルショック、第1次石油危機 p175
●非常事態宣言 p176
2. 効率化経営の実践 p177
●経営建て直し p177
●軌道修正 p177
●会社ぐるみ、職場ぐるみ p178
3. 新しい時代へ p180
●第2次石油危機 p180
●創業100年に向けて p180
第2節 商品企画、商品展開 p182
1. 市場の開拓・深耕 p182
●単体商品による市場拡大政策 p182
●店頭活性化政策 p183
2. 差別化商品の開発 p184
●水性ボールペン p184
●シャープペンシル用替芯 p185
●コンピュータ関連商品 p186
●化粧品の開発まで p187
●ユニポスカ p188
第3節 海外市場の拡大成長 p189
1. アメリカ市場の開拓 p189
●貿易への期待 p189
●差別化商品「ユニボール」とファーバー・キャステル社との提携 p189
2. 飛躍的発展 p191
第4節 創業100年を迎えて p193
1. 時代を書きすすむ p193
●より一層の発展を目指して p193
●新技術へ、新分野へ、新世界へ p194
2. 新世界へ向けて 今! p195
資料 p199
事業所・工場 p200
製品 p202
歴代役員任期一覧表 p206
経営指標 p208
販売ネットワーク p210
年表 p212
編集後記 p225
索引リスト
PAGE TOP