(株)九州銀行『九銀五十年史』(1990.12)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
目次 NP
前口絵 巻頭
発刊のことば 頭取 岡部俊介 NP
本編 p5
第1編 創立前史 p5
第1章 無尽の歴史 p5
第1節 無尽の発達 p5
1. 無尽の起源 p5
2. 営業無尽の発生 p6
第2節 無尽業法の制定 p8
1. 制定の経緯と業法の内容 p8
2. 業法制定後の無尽会社 p9
第2章 前身会社の創業と発展 p13
第1節 長崎県における金融の歩み p13
第2節 平戸無尽株式会社 p18
1. 北松貯金株式会社の設立 p18
2. 無尽業法施行と北松無尽貯金株式会社への商号変更 p19
3. 平戸無尽株式会社の発足 p20
4. 佐世保支店の開設と躍進 p22
5. 最終年の決算 p25
第3節 大正無尽株式会社 p27
1. 大正期の金融概況 p27
2. 大正無尽株式会社の設立 p28
3. 業容の拡大 p31
4. 最終年の決算 p31
第4節 朝日無尽株式会社 p33
1. 昭和初期の金融概況 p33
2. 朝日無尽株式会社の設立 p35
3. 最終年の決算 p37
第2編 本史 p43
第1章 創立から戦後期までの経営(昭和15年8月~23年12月) p43
第1節 佐世保無尽株式会社の創立 p43
1. 経済統制の開始と金融機関の合同促進 p43
2. 3社合併の経緯 p46
3. 佐世保無尽株式会社の発足 p50
第2節 太平洋戦争下の経営 p59
1. 強まる金融統制 p59
2. 戦時中の当社経営 p66
第3節 戦後の経営 p73
1. 復興への模索 p73
2. 当社戦後期経営と藤井社長就任 p79
第2章 「九州」の無尽会社を志して(昭和24年1月~26年9月) p89
第1節 県外進出を目指して「九州無尽」に改称 p89
1. 九州無尽株式会社の発足 p89
2. 九州経済中核地帯へ進出 p92
第2節 経営体制の整備 p95
1. 増資と組織整備 p95
2. 取扱業務の拡大 p97
3. 協栄殖産無尽株式会社の吸収合併 p99
第3節 業容の飛躍的な拡大 p102
1. 九州無尽発足後の経済社会情勢と佐世保 p102
2. 業容の拡大 p106
第3章 九州相互銀行への転換(昭和26年10月~32年3月) p109
第1節 相互銀行法の制定 p109
1. 相互銀行法制定の経緯 p109
2. 相互銀行法の成立 p112
第2節 九州相互銀行の発足 p115
1. 相互銀行への転換 p115
2. 当社の相互銀行転換 p119
第3節 転換後の経営 p124
1. 転換後の経済情勢 p124
2. 経営体制の強化 p125
3. 福岡支店新築と統括拠点化 p130
4. 業務内容の多様化 p136
5. 相互銀行転換後の業容の変化 p139
第4節 過渡期の苦悩 p141
1. 業績の低迷 p141
2. 労働争議の発生 p142
第4章 高度成長期の業容拡大(昭和32年4月~39年3月) p147
第1節 躍進する日本経済と相互銀行の発展 p147
1. 高度経済成長から開放経済体制へ p147
2. 高度成長下の相互銀行の発展 p149
第2節 資金量100億円達成への結集 p151
1. ストの残した傷跡 p151
2. 経営体制の刷新―草刈社長就任 p152
3. 再建への始動 p154
第3節 経営戦略の拡大と資金量300億円の達成 p156
1. 100億円達成後の課題 p156
2. 営業戦略の拡大 p157
3. 創立20周年を迎えて p171
第4節 事務合理化と店舗の整備 p177
1. 事務の合理化・機械化 p177
2. 店舗の整備 p179
3. 人事管理の改善 p182
4. 福利厚生の充実 p184
第5章 資金量1,000億円へホップ・ステップ・ジャンプ(昭和39年4月~48年3月) p187
第1節 開放経済体制の進展と金融行政の変化 p187
1. 持続する高度成長と日本経済の国際化 p187
2. 銀行行政の転換と相互銀行 p191
第2節 資金量1,000億円計画の推進 p199
1. 500億への総前進 p199
2. 資金量1,000億円に向けて始動 p202
第3節 効率化行政下の体制整備 p208
1. 経営体制の異動 p208
2. 企業体質の強化 p210
3. 融資体制の強化 p212
4. 総合機械化の促進 p214
第4節 業務の大衆化指向と為替業務の拡大 p217
1. 渉外体制の確立と大衆化戦略 p217
2. 為替業務の拡充 p225
第5節 人事・厚生面の充実 p227
1. 給与体系の変遷 p227
2. 研修制度の充実 p228
3. 福利厚生面の充実 p231
第6章 未来に羽ばたく銀行づくり(昭和48年4月~53年3月) p239
第1節 転換期を迎えた日本経済と金融環境の変化 p239
1. 石油危機と減速経済への移行 p239
2. 新金融効率化行政の展開 p241
第2節 強靭な経営基盤づくり p243
1. 宮川社長の就任 p243
2. 長期経営計画(未来に羽ばたく銀行づくり)の策定 p245
3. 経営体制の整備 p247
第3節 資金量3,000億円への道 p250
1. 新社長を迎えて資金量1,500億円に挑む p250
2. 石油危機下の資金量2,000億円達成 p251
3. 目標は一つ 3000億 p253
第4節 東京支店開設と本店新築 p257
1. 東京支店の開設 p257
2. 本店新築 p262
第5節 外国為替業務への参入と業務の多様化 p265
1. 外国為替業務の開始 p265
2. 大衆化商品の拡充とイメージ戦略 p267
3. 付随業務の進展 p270
第6節 第1次オンラインの稼動 p272
1. 事務センターの完成とオンライン計画 p272
2. 第1次オンラインの開始 p275
第7節 人事・厚生面の充実 p278
1. 人員の効率化と精鋭化 p278
2. 福利厚生の充実 p280
第7章 金融自由化へ向けて体質強化(昭和53年4月~60年3月) p283
第1節 金融自由化の始動 p283
1. 第2次石油危機と揺れ動く日本経済 p283
2. 新銀行法施行と金融行政の弾力化 p284
第2節 金融自由化へ向けて堅実な企業体質づくり p290
1. 低成長下の体質強化 p290
2. 資金量5,000億円の達成 p294
3. 福岡証券取引所への上場 p297
4. 経営体制の充実 p299
第3節 本格的オンライン時代の幕開け p306
1. EDPシステムの進展 p306
2. ネットワークの構築 p307
第4節 自由化業務の開始と多彩な新種商品開発 p310
1. 金融自由化新業務への対応 p310
2. グリーンカード制度と新種商品の充実 p314
第5節 人事・厚生・庶務 p321
1. 活性化の人事施策 p321
2. 福利厚生面の充実 p327
第8章 普通銀行への転換(昭和60年4月~平成元年1月) p329
第1節 日本経済の国際化と金融自由化の一層の進展 p329
1. 経済大国への成長と昭和時代の終局 p329
2. 金融自由化の進展 p332
第2節 普通銀行転換を目指して p338
1. 新時代へ向けて経営体制を刷新 p338
2. 東証・大証二部への上場と増資 p340
3. 九銀ビル建設 p341
第3節 普通銀行転換に向けて体質の強化 p345
1. 資本金9,000億円への軌跡 p345
2. リティール戦略の展開 p347
3. 収益環境の変化 p351
第4節 自由化・国際化業務の拡充と商品の多様化 p351
1. 公共債ディーリングの開始 p351
2. 国際業務の進展 p353
3. 新種商品の開発 p355
第5節 広報活動と顧客の組織化 p359
1. 広報の充実と九銀ビデオ(KVC)の発足 p359
2. 顧客の組織化 p361
第6節 人事・厚生面の推移 p362
1. 人事の活性化 p362
2. 厚生面の充実 p365
第7節 普通銀行への転換 p366
1. 転換の経緯 p366
2. 転換準備開始 p370
第9章 普通銀行としての新たな出発(平成元年2月~2年8月) p379
第1節 九州銀行の出発 p379
1. 九州銀行誕生 p379
2. 新しい組織体制へ p382
3. 経営体質の強化 p386
第2節 新たな戦略展開 p388
1. 第3次オンラインの構築 p388
2. 公金指定金融機関の指定獲得 p392
3. 国際業務と証券業務への対応 p394
4. 情報の場「九銀サクセス」の発会 p396
第3節 創立50周年を迎えて p397
1. 創立50周年記念行事計画の策定 p397
2. 普通銀行転換後の業容の拡大 p398
3. 創立50周年記念日を迎えて p400
第4節 90年代の変革 p403
1. 21世紀に向けて世界が変わる p403
2. 好況を続ける日本経済 p404
3. 金融環境の激変 p405
後口絵 p418
支店小史 p419
資料 p461
定款 p461
役員任期一覧 p468
歴代社長・頭取 p471
叙勲 p473
現役員 p474
歴代本社部長 p476
株式 p479
資本金・自己資本の推移 p480
資金量の推移 p482
融資量の推移 p486
従業員数の推移 p490
本社組織の変遷 p491
店舗数の推移 p500
海外コルレス契約締結銀行 p502
関連会社 p504
財務諸表 p506
年表 p547
あとがき p588
参考文献 p590
索引リスト
PAGE TOP