(株)横河ブリッジ『横河ブリッジ百年史』(2008.04)

目次は見出しの階層(編・章・節・項…など)ごとに絞り込んで見ることができます。

… 資料編に詳細な情報があります。

目次項目 ページ
ご挨拶 株式会社横河ブリッジホールディグス代表取締役社長 佐々木恒容 p2
発刊にあたって 株式会社横河ブリッジ 代表取締役社長 藤井久司 p4
前口絵 美・用・強の未来へ p13
◎沿革第1部 横河ブリッジグラフィティ80年のあゆみ 明治40年(1907)~昭和62年(1987) p24
横河橋梁誕生と東西2工場の建設 明治40年(1907)~大正6年(1917) p24
株式会社へ改組、国内初の溶接工法に着手 大正7年(1918)~昭和6年(1931) p26
戦時下での需要と対応 昭和6年(1931)~昭和20年(1945) p28
横河民輔が他界、戦後復興と企業再建へ 昭和20年(1945)~昭和26年(1951) p30
技術開花に寄せられた期待 昭和27年(1952)~昭和31年(1956) p32
高度成長の追い風を受けて 昭和32年(1937)~昭和37年(1962) p34
大動脈の建設と橋梁長大化への対応 昭和37年(1962)~昭和40年(1965) p36
超高層ビル時代の幕開け 昭和38年(1963)~昭和48年(1973) p38
海外事業の本格化 昭和40年代~昭和60年(1985) p40
電算化時代到来で生産システムを自社開発 昭和47年(1972)~昭和59年(1984) p42
建築分野の拡大 昭和51年(1976)~昭和59年(1984) p44
本四連絡橋の推進で本領発揮 昭和40年代~昭和61年(1986) p46
創業80周年記念行事を挙行 昭和62年(1987) p48
創業者 横河民輔の世界 p54
其ノ一. 学術トハ 単ニ学校的教育ノミニ非ズ p54
其ノ二. 鉄の建築家 p56
其ノ三. 今日は帝劇、明日は三越 p58
其ノ四. 和魂洋才 p60
其ノ五. 建築業の近代化のために p62
其ノ六. 誠実であれ よいものをつくれ p64
其ノ七. すべては帝室博物館に p66
其ノ八. 先見力の人 p68
●横河民輔年譜 p70
◎沿革第2部 近20年のあゆみ 昭和62年(1987)~平成19年(2007) p70
序章 激動の時代 p78
第1章 旺盛な建設需要に応えて 昭和62年(1987)~平成5年(1993) p81
第2章 構造改革による体質強化 平成6年(1991)~平成12年(2000) p110
第3章 新技術・新分野への挑戦 平成13年(2001)~平成19年(2007) p140
中口絵 つなぐ、むすぶ、広げる、未来へ p180
◎技術特集 明日を拓く横河ブリッジの技術 p190
はじめに p190
“横河の技術”をサポートする設計・研究陣―高度化するニーズに技術で応える p191
新形式橋梁への挑戦―コスト縮減時代の新たな役割を担って p194
YSクイックブリッジ工法―都市部立体交差の急速施工を担う p198
部材前転架設工法―山間部の張出し架設に新たな試み p200
せん断パネル型制震ストッパー―新設・既設橋梁の耐震性向上に新たな提案 p202
橋梁技術を新分野へ―橋梁技術の応用展開 p204
◎沿革第3部 未来展望 p224
新生・横河ブリッジ 第2世紀へ新たな成長軌道を描いて p224
特別寄稿 NP
タワーへの挑戦に未来を託して 社賓 山川敏哉 p50
社長在任7年の思い出 顧問 原田康夫 p174
技術100年の歴史を超えて 社賓 長谷川〓[金+脩]一 p208
今昔物語 NP
二重橋……雅と重厚の世界 p72
新旧の融合・第一生命本社ビル p74
技術の架け橋、坂東大橋 p108
工場の変遷 p136
技術者たちの情熱を宿した仕事場 p138
時代を映すアーカイブ p220
何でも一番 NP
日本初・世界初 横河ブリッジ100年の仕事 p212
資料編 p232
1. 定款 p232
2. 組織図 p235
3. 役員在任期間一覧 p236
4. 業績の推移 p239
5. 資本金の推移 p243
6. 従業員数の推移 p244
7. 事業所一覧 p246
8. 土木学会田中賞受賞一覧 p248
9. グループ会社一覧 p250
10. 主要工事実績一覧 p251
11. 年表 p273
索引 p290
参考文献 p300
編集後記 p301
索引リスト
PAGE TOP