味の素グループ『味の素グループの百年 : 新価値創造と開拓者精神 : 1909→2009』(2009.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
7月28日 第一次世界大戦起こり、日本は好景気となる 業界・一般
9月1日 川崎工場開設(神奈川県橘樹郡川崎町八幡塚2964)、操業開始 国内事業
9月 鈴木三郎、台湾、中国大陸、韓国を歴訪 海外事業
10月1日 硫酸法による「味の素」製造停止 国内事業
- 〈この年〉大阪の有力乾物問屋による「味盛会」発足 国内事業
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
1月 育児用甘味栄養剤「子供印」滋養糖発売 国内事業
2月1日 大阪出張所にて初の販売店向け景品付特売実施 国内事業
4月 川崎工場:塩酸法による「味の素」製造開始(同時に、逗子工場閉鎖) 国内事業
9月 森永製菓社:全国に特約店制度を採用 業界・一般
12月 川崎工場:直流発電装置と電解槽を設置し、塩素酸カリの製造を開始 国内事業
大正5年(1916) - 【渋沢栄一】第一銀行の頭取等を辞め実業界を引退。日米関係委員会が発足・常務委員。理化学研究所創立委員長。〔76歳〕【竜門社】青淵先生の喜寿祝賀会開催し、記念品として林泰輔編『論語年譜』を青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月11日 塩素酸カリ製造用の白金坩堝を落札する 国内事業
2月 川崎工場:タンパク加水分解に石釜採用 国内事業
3月2日 「エスサン」マーク商標登録(第77748号)、「エスサン浮粉」に初めて使用 国内事業
- 〈この年から1919年まで〉第一次世界大戦の復興需要による好景気となる 業界・一般
大正6年(1917) - 【渋沢栄一】日米協会創立・名誉副会長。〔77歳〕 渋沢関係略年譜
2月14日 東京・大島に塩素酸カリ工場開設 国内事業
4月28日 鈴木三郎、初渡米(翌1918年1月帰国) 海外事業
6月17日 株式会社鈴木商店設立(資本金300万円、登記日8月18日)、合資会社鈴木商店の営業を譲受、鈴木三郎助、取締役社長に就任、後日創立記念日となる 経営一般
7月1日 北海道釧路に浜中工場(ヨード)開設 国内事業
7月2日 ニューヨーク事務所開設 海外事業
8月18日 東信電気社設立 経営一般
PAGE TOP