東京海上火災保険(株)『東京海上八十年史』(1964.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
3月 五箇条の御誓文発布 一般関係
4月 太政官札(金札)発行を布告 損害保険業界および金融界関係
4月 商法司設置(2年3月廃止) 損害保険業界および金融界関係
4月 江戸開城 一般関係
4月 政体書公布 一般関係
7月 江戸を東京と改称 一般関係
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月 年号を明治と改元 一般関係
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
2月 造幣局設置 金銀座廃止 損害保険業界および金融界関係
3月 東京遷都 一般関係
5月 東京ほか7都市に通商会社および為替会社を設立(6月東京為替会社設立) 損害保険業界および金融界関係
7月 会計官を廃し、大蔵省設置 損害保険業界および金融界関係
7月 兵部省、外務省、宮内省、刑部省設置 一般関係
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
4月 京浜間鉄道敷設のため100万ポンドの英貨債募集 損害保険業界および金融界関係
7月 普仏戦争発生 一般関係
10月 蒸汽消火ポンプ初輸入 損害保険業界および金融界関係
10月 土佐開成商社設立(三菱事業の発端)、九十九商会を経て5年1月三ツ川商会と改称 一般関係
明治4年(1871) - 【渋沢栄一】紙幣頭となる。『立会略則』発刊。〔31歳〕 渋沢関係略年譜
1月 郵便法公布施行(3月郵便開始) 一般関係
5月 新貨条例布告(金本位制採用) 損害保険業界および金融界関係
7月 廃藩置県実施、司法文部両省設置 一般関係
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
2月 兵部省廃止 陸海軍省設置 一般関係
PAGE TOP