日本生命保険(相)『ニッセイ一〇〇年史』(1989.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
7月9日 明治生命開業 業界・一般事項
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
10月10日 日本銀行開業 業界・一般事項
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
3月1日 帝国生命開業 業界・一般事項
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
2月11日 帝国憲法発布 業界・一般事項
6月25日 創立仮事務所を大阪市東区北浜2丁目32番屋敷に設置 当社
7月1日 東海道線東京神戸間全通 業界・一般事項
7月4日 有限責任日本生命保険会社創立願受理される 当社
7月28日 創立総会を開催、社長鴻池善右衛門、副社長片岡直温就任 当社
9月3日 生命表(藤沢氏第二表)と保険料表完成 当社
9月20日 大阪市東区今橋2丁目114番屋敷で開業 当社
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 東京支社(東京市日本橋区青物町)設置 当社
12月20日 大阪鉄道社債1万1千円取得(最初の社債投資) 当社
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 社名を日本生命保険株式会社と改称 当社
2月24日 京都出張所を京都市に設置(最初の出張所) 当社
4月30日 大阪市東区北浜3丁目7ノ甲を取得(最初の不動産取得) 当社
5月4日 同右[大阪市東区北浜3丁目7ノ甲]へ本店を移転 当社
明治25年(1892) - 【渋沢栄一】東京貯蓄銀行創立・取締役(後に取締役会長)。元日本製帽を買収し東京帽子株式会社設立・取締役会長。〔52歳〕 渋沢関係略年譜
6月 大阪鉄道株式173株取得(最初の株式投資) 当社
10月20日 保有契約高500万円達成を機に大阪偕行社で開業祝典を挙行 当社
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
3月6日 日本海陸保険(株)設立、役職員派遣、本店・東京支社の一部を賃貸(最初の職員出向、不動産賃貸) 当社
5月1日 米国シカゴ市で開催のコロンブス世界博に最初のアニュアルレポートを出品(最初の海外PR) 当社
PAGE TOP