日本生命保険(相)『ニッセイ一〇〇年史』(1989.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
大正13年(1924) - 【渋沢栄一】日仏会館開館・理事長。東京女学館・館長。〔84歳〕【竜門社】財団法人竜門社となる。 渋沢関係略年譜
7月1日 (財)日本生命済生会設立 当社
大正14年(1925) - 【渋沢栄一】製鉄鋼調査会委員。史籍協会評議員。浅草寺臨時営繕局顧問。〔85歳〕【渋沢敬三】横浜正金銀行退職。 渋沢関係略年譜
4月1日 農林省、商工省設置(農商務省廃止)、保険行政は商工省へ移管 業界・一般事項
12月4日 パワーズ式統計機導入 当社
大正15年(1926) - 【渋沢栄一】日本太平洋問題調査会創立・評議員会長。日本放送協会創立・顧問。〔86歳〕【渋沢敬三】澁澤倉庫取締役に就任。第一銀行取締役に就任。東京貯蓄銀行取締役に就任。 渋沢関係略年譜
1月1日 地方募集経費規程制定(代理店中心の販売体制を職員による直接販売へ転換) 当社
昭和2年(1927) - 【渋沢栄一】日本国際児童親善会創立・会長。日米親善人形歓迎会を主催。航空輸送会社設立準備調査委員会会長。〔87歳〕【渋沢敬三】東洋生命取締役に就任。理化学興業監査役に就任。 渋沢関係略年譜
3月15日 金融恐慌発生 業界・一般事項
9月1日 本店営業局に恪進部を設置(最初の教育専管組織) 当社
昭和3年(1928) - 【渋沢栄一】日本航空輸送会社創立・創立委員長。日本女子高等商業学校発起人。〔88歳〕【竜門社】青淵先生米寿祝賀会を開催し、斯文会編訳『国訳論語』等を記念品として青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
4月11日 ホレリス式穿孔機導入(統計機はS5) 当社
12月29日 専務弘世助太郎、社長に就任 当社
昭和4年(1929) - 【渋沢栄一】アメリカン・ソサエティ・オブ・メカニカル・エンジニア名誉会員。中央盲人福祉協会創立・会長。〔89歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 募集経費規程制定(職員中心の募集体制を確立) 当社
1月1日 財務局に財務課、有価証券課、精査課設置(最初の運用・調査組織分化) 当社
1月1日 毎年利益配当付保険発売 当社
10月24日 ニューヨーク株式暴落、世界恐慌発生 業界・一般事項
- 大卒の定期採用開始 当社
昭和5年(1930) - 【渋沢栄一】明治神宮外苑聖徳記念絵画館に壁画献納。〔90歳〕 渋沢関係略年譜
4月 東京支店に養成部設置(大阪支店はS6.1) 当社
5月2日 エーレンベルク博士(独ゲッチンゲン大学)文庫を譲受 当社
10月7日 生保証券(株)(第一次)設立 業界・一般事項
昭和6年(1931) - 【渋沢栄一】癩予防協会会頭・理事。永眠。〔91歳〕【渋沢敬三】東京貯蓄銀行会長に就任。 渋沢関係略年譜
9月18日 いわゆる「満州事変」勃発 業界・一般事項
昭和7年(1932) - 【竜門社】第一次青淵先生伝記資料編纂事業を開始する。【渋沢敬三】第一銀行常務取締役就任。 渋沢関係略年譜
7月1日 日本生命済生会付属日生病院竣工 当社
昭和8年(1933) - 【竜門社】青淵先生の遺言により渋沢家から曖依村荘を受贈する。財団法人渋沢青淵翁記念会が東京・常盤橋公園に青淵先生の銅像を建てる。 渋沢関係略年譜
3月17日 東京日本生命館竣工(高島屋へ一括賃貸) 当社
9月10日 団体特別取扱特約発売(最初の団体扱) 当社
PAGE TOP