明治生命保険(株)『明治生命保険株式会社六十年史』(1942.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 取締吉川泰次郎、内田耕作、浅田正文、小川〓[金+冉]吉辞任
7月9日 創業満十周年祝賀と社屋新築披露を兼ね、本店楼上に晩餐会を開き賓客数十名を招待す
10月28日 愛知、岐阜両県に大地震あり、医員二名、社員二名を派し負傷者の治療に従事せしむ死亡被保険者二名、保険金壱千五百円也
11月10日 自殺は発狂と否とを問わず保険金を支払わざる旨保険証券に裏書の事を取締役会に於て議決
明治25年(1892) - 【渋沢栄一】東京貯蓄銀行創立・取締役(後に取締役会長)。元日本製帽を買収し東京帽子株式会社設立・取締役会長。〔52歳〕 渋沢関係略年譜
1月15日 取締和田義郎死去
1月22日 第十一次株主総会開催 二橋元長、末延道成、益田克徳各取締に就任
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
1月23日 第十二次株主総会開催 本山彦一取締に就任
7月9日 第三期営業上の損益を精算し、八月八日同決算報告書を議決
9月12日 養老保険契約年令範囲を拡張
11月30日 是年七月一日より商法一部施行に付臨時株主総会開催、商法規定に従ひ定款変更を議決
12月4日 東京府庁を経て農商務省に右定款変更[商法規定に従ひ定款変更]を申請 同月二十二日認可
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 商法一部施行により約款改正
1月23日 第十三次株主総会開催 専務取締役阿部泰蔵、取締役に荘田平五郎、松本重太郎、二橋元長、末延道成、益田克徳、本山彦一、監査役に朝田又七肥田昭作各就任 取締役及監査役(従来の頭取、取締、検査掛を夫々専務取締役、取締役、監査役と改称)の報酬を議定す(創立より是年まで頭取を除き其他の役員は無報酬なり)
2月13日 五畿内及関西地方を大阪支店の管轄と定む
6月12日 大阪支店を大阪市東区今橋三丁目五十八番屋敷より東区瓦町二丁目四十二番屋敷に移転、同月二十二日登記
9月11日 軍事公債十万円申込の件取締役会に於て決議
12月11日 第二回軍事公債十万円申込の件取締役会に於て決議
明治28年(1895) - 【渋沢栄一】東京統計協会終身会員。〔55歳〕 渋沢関係略年譜
1月22日 副支配人を置く
1月23日 第十四次株主総会開催 定款により取締役の半数(留任、退任は取締役の抽籤を以て定む)監査役の全数改選
7月15日 本店を麹町区八重洲町壱丁目壱番地に新築移転、同月二十六日登記
PAGE TOP