神戸穀物商品取引所『兵庫穀肥物語 : 波瀾五十年』(1962.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
1月 第一次日英同盟成立する。
2月 最初の普選案否決。
4月 日本興業銀行設立される。
12月 教科書疑獄事件起る
12月 森鴎外「即興詩人」刊行
12月 木村栄Z項を発見する。
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
6月 帝大七博士対露強硬意見を発表。
7月 西園寺公望政友会総裁となる。
8月 頭山満ら「対露同盟会」結成。
10月 日露交渉はじまる。
11月 平民社結成
11月 「平民新聞」創刊
11月 岡倉天心「東洋の理想」幸徳秋水「社会主義真髄」「職工事情」など刊行。
- 幸徳、堺、内村ら非戦論を力説する。
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月 対露宣戦布告される
2月 日露議定書。
8月 遼陽会戦
8月 小泉八雲死ぬ。
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
1月 旅順開城する。
3月 奉天占領。
PAGE TOP