東京建物(株)『信頼を未来へ : 東京建物百年史』(1998.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
10月16日 天津支店、2218坪の土地払下げを受ける 当社事項
10月16日 飯田町、飯倉町の両申込所を閉鎖、土地建物売買紹介は創業以来未曾有の不成績に終わる 当社事項
10月16日 天津支店、居留地内に建物24棟99戸、建坪2633坪完成 当社事項
12月17日 ライト兄弟初飛行 一般事項
- 上期、経済界の状況に鑑み、営業項目を取捨参酌し、財政の整理、従業員の淘汰を行う 当社事項
- 下期、当期損失金を計上、無配とする 当社事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月10日 日露戦争勃発 一般事項
3月5日 日露開戦により、日本専管居留地経営事業に障害が生じ、竣工期間延長を外務省に要請(3.16承認される) 当社事項
4月 清国天津日本専管居留地の埋立て工事竣工 当社事項
6月20日 満州軍総指令部設置 一般事項
7月30日 社債募集(100万円)を決定 当社事項
12月3日 本社営業所を日本橋区北鞘町6番地に移転 当社事項
- 下期、年5分に復配 当社事項
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
3月1日 社債(金100万円のうち80万円)発行 当社事項
8月5日 安田善次郎、北支各地を視察し帰国 当社事項
9月2日 横浜支店を横浜市蓬莱町4丁目41番地に移転 当社事項
9月5日 日露講和条約調印、日露戦争終結 一般事項
9月12日 大蔵大臣宛「満州経営に関する意見書」提出 当社事項
11月17日 第2次日韓協約調印(外交権を日本が掌握) 一般事項
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
3月31日 鉄道国有法公布(10.1施行) 一般事項
PAGE TOP