東京建物(株)『信頼を未来へ : 東京建物百年史』(1998.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
5月9日 本社営業所を帝国海上火災保険へ譲渡し、日本橋区呉服町1番地(土地所有者中井銀行〔借地118坪〕に移転 当社事項
11月26日 南満州鉄道(株)設立(40年4.1営業開始) 一般事項
- 上期、配当年1分増配し6分に 当社事項
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
1月21日 東京株式大暴落、日露戦争後の反動不況に突入 一般事項
1月26日 天津起業組合を吸収合併し、その電力供給事業を継承 当社事項
4月20日 漢口の日本専管居留地内土地2万1400坪の払下げを受ける 当社事項
6月8日 増資の登記、資本金500万円(払込200万円) 当社事項
6月10日 日仏協約調印 一般事項
7月24日 定款変更。取締役の員数を増枠する 当社事項
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
4月 下旬、天津日本専管居留地経営事業において工事完成、建物484棟、土地5万3833坪所有(6.13外務省報告) 当社事項
9月 天津支店、「三不管」土地を買増しし、計1万2556坪を取得 当社事項
10月13日 戊申詔書宣布 一般事項
12月5日 鉄道院開設 一般事項
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
5月1日 建物保護に関する法律公布 一般事項
7月6日 天津総領事館、英国租界地内より、当社所有建物(栄街17号)に仮事務所を移転 当社事項
10月11日 三井合名会社設立 一般事項
10月26日 伊藤博文暗殺される 一般事項
12月 日本初の本格的鉄骨構造建築による日本橋丸善起工 一般事項
- 下期、天津地区、水害のため農業不作、内地以上の不景気となる 当社事項
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
4月 上期、社債80万円全額償還 当社事項
PAGE TOP