朝鮮総督府鉄道局『朝鮮鉄道史』(1915.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 京釜鉄道京城草梁間全通営業ヲ開始ス
4月28日 軍用鉄道京義線竜山新義州間ニ聯絡運転ヲ開始ス
5月25日 京釜鉄道開通式ヲ京城南大門停車場構内ニ挙ク
9月11日 京釜鉄道東海道線、山陽線及ヒ九州線ト連帯運輸ヲ開始ス
10月21日 軍用鉄道馬山浦線全通ス
10月21日 軍用鉄道竜山平壌間及ヒ黄州兼二週間ニ有賃便乗便載ヲ開始ス
11月10日 京釜鉄道ト軍用鉄道京義線竜山平壌間トノ間ニ連帯運輸ヲ開始シ京義線列軍始メテ南大門ニ直通ス
11月11日 軍用鉄道馬山浦線有賃便乗便載ヲ開始ス
12月1日 軍用鉄道平壌新義州間ニ清川、大寧両江小蒸汽船ヲ介シテ有賃便乗便載ヲ開始ス
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
3月3日 京釜鉄道買収法案衆議院ニ提出セラル
3月30日 京釜鉄道買収法公布セラル
4月3日 軍用鉄道京義線全通ス
7月1日 統監府鉄道管理局設置
7月1日 京釜鉄道ヲ国有トシ統監府鉄道管理局ニ引継ク
9月1日 京義、馬山浦両鉄道統監府鉄道管理局ノ経管ニ移ル
12月11日 統監府鉄道管理局運輸営業規程ヲ公布ス
12月12日 大貨物賃金及ヒ手小荷物賃金ヲ制定ス
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 運輸営業規程、大貨物賃金其ノ他料金率ヲ京義、馬山線ニ適用ス
9月20日 全線各駅ト安東県トノ間ニ旅客荷物ノ輸送ヲ開始ス
10月30日 京義線土城碧瀾渡間貨物特約便載ヲ開始ス
PAGE TOP