日本国有鉄道『日本国有鉄道百年写真史』(1997.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
文政8年(1825) 9月27日 イギリスのストックトン・ダーリントン間で 世界最初の鉄道開通
嘉永7年(1854) - 【渋沢栄一】家業の畑作、養蚕、藍問屋業に精励。〔14歳〕 渋沢関係略年譜
2月23日 アメリカ使節ペリー持参の蒸気車模型を横浜村海岸応接所裏で運転
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
11月10日 東西両京を結ぶ幹線鉄道と 東京・横浜間 京都・神戸間 琵琶湖畔・敦賀間の鉄道敷設を決定
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
3月25日 日建築師長エドモンド・モレルら芝汐留付近の測量に着手
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
2月28日 鉄道略則公布
5月4日 鉄道犯罪罰例公布
5月7日 品川・横浜間仮開業(1日2往復運転)
6月20日 イギリス人ブラックに駅構内における新聞の販売許可
9月12日 新橋・横浜間開通 明治天皇横浜・新橋両駅に臨御され開業式挙行 13日から9往復の旅客列車運転
11月9日 太陽暦を採用 明治5年12月3日が明治6年1月1日
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
9月15日 新橋・横浜間貨物営業開始
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
5月11日 大阪・神戸間仮開業
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
5月 神戸工場で国産材料により客貨車を製作(車輪・車軸を除く)
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
2月5日 京都・神戸間開業式挙行
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
4月14日 日本人(火夫3人)旅客列車機関方誕生(日本人機関士のはじめ)
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
6月28日 大谷・大津間の逢坂山トンネル完成
11月28日 幌内鉄道手宮・札幌間開通
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
3月1日 釜石鉄道営業開始
3月16日 新橋・横浜間列車回数を14往復とし 11往復を普通運転(55分運転)3往復を快速運転(うち2往復が45分 1往復が51分運転)
5月1日 大津・長浜間を太湖気船により連絡
PAGE TOP