日本郵船(株)『日本郵船株式会社百年史』(1988.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
嘉永6年(1853) 6月3日 米艦4隻浦賀に来航(月日は旧暦) 業界・一般事項
9月15日 徳川幕府、大船製造の禁令解除(月日は旧暦) 業界・一般事項
嘉永7年(1854) - 【渋沢栄一】家業の畑作、養蚕、藍問屋業に精励。〔14歳〕 渋沢関係略年譜
7月9日 幕府、白地日の丸を日本国総船印と定む(月日は旧暦) 業界・一般事項
安政5年(1858) - 【渋沢栄一】従妹ちよ(尾高惇忠の妹)と結婚。〔18歳〕 渋沢関係略年譜
6月 幕府、日米、日蘭、日露、日英、日仏修好通商条約調印(9月99日まで)(月日は旧暦) 業界・一般事項
安政6年(1859) 5月28日 幕府、神奈川、長崎、函館開港許可(月日は旧暦) 業界・一般事項
- 英P&0社、上海・長崎航路開設 業界・一般事項
文久元年(1861) - 【渋沢栄一】春、江戸に出て、海保漁村塾・千葉栄次郎道場に学ぶ。〔21歳〕 渋沢関係略年譜
6月19日 幕府、庶民の大船建造、外国船購入を許可(月日は旧暦) 業界・一般事項
元治元年(1864) - 【渋沢栄一】一橋慶喜に仕える。篤太夫と改名。〔24歳〕 渋沢関係略年譜
- P&0社、上海・横浜郵便航路開設 業界・一般事項
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
5月24日 兵庫開港勅許、(12月)開港(月日は旧暦) 業界・一般事項
- 米PM社、サンフランシスコ・横浜・香港航路開設 業界・一般事項
慶応4年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
1月17日 政府、3職7科制、内国事務科設置、水陸運輸等に関する事務を管掌、(2.3)内国事務局、閏4.21)会計官に移し、駅逓司管掌(月日は旧暦) 業界・一般事項
7月17日 江戸を東京と改称(月日は旧暦) 業界・一般事項
明治元年(1868) - 【渋沢栄一】明治維新によりフランスより帰国、静岡で慶喜に面会。〔28歳〕 渋沢関係略年譜
9月8日 明治と改元(月日は旧暦) 業界・一般事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
3月28日 東京遷都(月日は旧暦) 業界・一般事項
4月8日 民部官設置、駅逓司管掌、(7.8)民部省、(8.11)民部大蔵省(月日は旧暦) 業界・一般事項
10月7日 太政官布告、西洋形船の製造・購入保護勧奨(月日は旧暦) 業界・一般事項
11月17日 スエズ運河開通 業界・一般事項
- PM社、横浜・神戸・長崎・上海定期航路開設 業界・一般事項
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 商船規則布告、西洋形船舶の法規を示達、旗章制式等定む(月日は旧暦) 業界・一般事項
1月27日 郵船規則制定(月日は旧暦) 業界・一般事項
PAGE TOP