横浜倉庫(株)『横浜倉庫九十年史 : ハマ・ヒト・モノ』(1995.02)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
8月 東京電車鉄道、新橋・品川門市内電車運転を開始 経済・社会一般
9月12日 横浜市神奈川町地先公有水面埋立(以下、第1次埋立という)出願//142,073.68坪//出願者 千坂高雅、渡辺福三郎、若尾幾造、名村泰蔵、青木正太郎、村野常右衛門 当社関連事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月 日露戦争勃発 経済・社会一般
4月 横浜鉄道(株)設立(資本金200万円) 経済・社会一般
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
6月9日 第1次埋立出願に対し神奈川県知事より免許 当社関連事項
12月 横浜税関海面第1期埋立工事完了 経済・社会一般
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
7月 横浜税関海面第2期埋立工事着手 経済・社会一般
9月18日 創業総会開催、役員選出//取締役会長 千坂高雅//専務取締役 若尾幾造//資本金 380万円(払込95万円) 当社関連事項
9月25日 設立登記 当社関連事項
10月11日 株式を横浜株式米穀取引所の定期取引に上場 当社関連事項
10月22日 横浜港北防波堤外海面埋立(以下、第2次埋立という)免許を神奈川県知事に申請 当社関連事項
11月1日 株式を東京株式取引所の定期取引に上場 当社関連事項
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
1月 株式相場暴落(日露戦後の恐慌) 経済・社会一般
3月17日 第1次埋立工事起工式挙行 当社関連事項
7月16日 第1次埋立設計変更認可(埋立面積112,313.1坪) 当社関連事項
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
9月 横浜鉄道、東神奈川・八王子間開通 経済・社会一般
10月30日 第1次埋立工事(全4区)の内、第1区・第3区の埋立および1等倉庫5棟・2等倉庫5棟完成 当社関連事項
11月21日 営業開始届を横浜税務署長に提出 当社関連事項
12月1日 倉庫営業開始 当社関連事項
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
2月24日 専用鉄道敷設免許 当社関連事項
PAGE TOP