日本製粉(株)『日本製粉社史 : 近代製粉120年の軌跡』(2001.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
- 長崎製粉所(200バーレル)操業開始(41年焼失) 業界・社会一般事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
1月 茂須礼商会と契約のロール式製粉機械一式が次々に到着(~4月)。東扇橋町1400坪の用地に工場・事務所等を建設、8月完成(200バーレル)、9月運転開始 当社関連事項
3月29日 貨幣法公布(10月1日施行)。金本位制確立 業界・社会一般事項
6月13日 第1回定時株主総会開催 当社関連事項
10月21日 商標登録願を農商務省に提出 当社関連事項
11月 石臼製粉器による旧工場は操業中止 当社関連事項
12月24日 商標登録済証下付。新商標の松、竹、梅を決めるなど新方針で臨む 当社関連事項
- 戦後反動不況始まる(明治30年恐慌) 業界・社会一般事項
- この年、綿糸輸出高、同輸入高を超える 業界・社会一般事項
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
- 東京製粉株式会社創立(資本金15万円、200バーレル、数年後に焼失、解散) 業界・社会一般事項
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 関税定率法施行(国内製粉保護開始、小麦100斤につき15銭3厘、小麦粉46銭5厘の従量税賦課) 業界・社会一般事項
3月9日 商法大改正(6月16日全面施行) 業界・社会一般事項
5月16日 東京株式取引所において当社株式売買開始 当社関連事項
7月5日 台湾銀行設立 業界・社会一般事項
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
5月28日 北清事変(義和団事件)勃発 業界・社会一般事項
10月27日 館林製粉株式会社(現日清製粉株式会社)創立(資本金3万円、50バーレル) 業界・社会一般事項
11月6日 長崎製粉所買収仮契約調印 当社関連事項
12月10日 臨時株主総会。長崎製粉所買収決議(34年2月白紙還元) 当社関連事項
- 埼玉製粉合資会社(現日東製粉株式会社)創立(資本金3万円、65バーレル) 業界・社会一般事項
- 宇都宮製粉株式会社創立(資本金6万円)、下野製粉合資会社を合併(100バーレル)(40年3月創立の大日本製粉に合併され、43年3月日清製粉への合併に伴い、同社宇都宮工場となる) 業界・社会一般事項
PAGE TOP