日本製粉(株)『日本製粉社史 : 近代製粉120年の軌跡』(2001.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
- 年末から翌年にかけ金融恐慌状態(明治33~34年恐慌) 業界・社会一般事項
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
2月5日 官営八幡製鉄所開業 業界・社会一般事項
- 白石興産合資会社(現白石興産株式会社、20年創立、水車製粉を行う)機械製粉工場設立(100バーレル) 業界・社会一般事項
- 天童製粉株式会社創立(60バーレル) 業界・社会一般事項
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
1月30日 日英同盟調印 業界・社会一般事項
3月27日 株式会社日本興業銀行設立 業界・社会一般事項
4月21日 札幌製粉株式会社創立(本社・札幌区北六条西7丁目2番地、工場・北五条西7丁目2番地、資本金10万円、大正9年3月1日日本製粉に合併)。後藤半七の死後、その遺族により32年設立の後藤合名会社から製粉事業を継承 業界・社会一般事項
11月16日 臨時株主総会。扇橋第2工場建設および初の社債10万円発行決議(12月1日扇橋第2工場建設のため社債10万円発行、日本興業銀行引受け) 当社関連事項
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
4月1日 従量税改正(関税、小麦100斤につき15銭9厘、小麦粉45銭6厘) 業界・社会一般事項
5月1日 扇橋第2工場建設工事着手 当社関連事項
5月 株式会社名古屋製粉所(現日東製粉株式会社)創立(資本金7万5000円、100バーレル) 業界・社会一般事項
7月1日 第5回内国勧業博覧会において一等賞牌受賞 当社関連事項
10月 ノーダイク社製製粉機械による扇橋第2工場竣工(能力250バーレル、第1工場と合わせ500バーレル) 当社関連事項
- この年、国内産小麦大凶作 業界・社会一般事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月10日 日露戦争勃発(~38年9月) 業界・社会一般事項
10月1日 非常特別税法により小麦粉関税引上げ(小麦粉100斤につき70銭3厘) 業界・社会一般事項
12月30日 高木幸次郎支配人、清国大連および旅順口視察 当社関連事項
- 益田製粉所、機械製粉工場を新設(100バーレル) 業界・社会一般事項
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 非常特別税法改正により、小麦、小麦粉関税引上げ(小麦100斤につき53銭6厘、小麦粉1円19銭6厘) 業界・社会一般事項
9月5日 日露ポーツマス講和条約調印 業界・社会一般事項
PAGE TOP