日本製粉(株)『日本製粉社史 : 近代製粉120年の軌跡』(2001.04)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
- 戦後恐慌始まる 業界・社会一般事項
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
5月 朝日製粉株式会社創立(資本金50万円、200バーレル、大正9年3月当社に合併) 業界・社会一般事項
- 金子堅太郎元農商務大臣、日本、日清、大日本、東亜、帝国5社に合併を勧奨、農商務省当局も同調したが不調に終わる 業界・社会一般事項
- この年、機械製粉が水車粉、輸入粉を凌駕、わが国近代製粉業本格的に確立 業界・社会一般事項
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
6月24日 臨時株主総会。帝国製粉株式会社との合併を決議 当社関連事項
9月30日 帝国製粉株式会社を合併。新資本金155万円(払込み107万5000円)。同社工場(東京府南葛飾郡砂村大字亀高)を砂村分工場(600バーレル)に改称 当社関連事項
10月11日 三井合名会社設立 業界・社会一般事項
- この年、全国機械製粉能力6850バーレル 業界・社会一般事項
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
4月15日 関税定率法改正公布(関税自主権がほぼ完全に認められる、44年7月17日施行) 業界・社会一般事項
8月12日 扇橋工場、小名木川分工場水害 当社関連事項
8月22日 韓国併合 業界・社会一般事項
10月 株式会社大里製粉所創立(資本金60万円、1600バーレル)(大正9年3月当社に合併) 業界・社会一般事項
11月15日 帝国農会設立 業界・社会一般事項
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
3月29日 工場法公布(日本最初の労働者保護立法、大正5年9月施行) 業界・社会一般事項
7月17日 小麦、小麦粉関税引上げ(小麦100斤につき77銭、小麦粉1円85銭) 業界・社会一般事項
7月26日 小名木川分工場、砂村分工場津波被害 当社関連事項
12月 供給過剰のため関東3社(日本、日清、東亜)は製粉聯合会を結成、協定により翌年5月まで50%操短(この年、全国機械製粉能力は9280バーレル) 業界・社会一般事項
明治45年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 中華民国成立 業界・社会一般事項
大正元年(1912) - 【渋沢栄一】日本鋼管株式会社発起人。日仏銀行相談役。ニューヨーク日本協会協賛会創立・名誉委員長。帰一協会成立。〔72歳〕 渋沢関係略年譜
7月30日 大正と改元 業界・社会一般事項
12月25日 第32回定時株主総会。南條取締役社長、境専務取締役退任。前山久吉専務取締役就任 当社関連事項
PAGE TOP