中国電力(株)『中国地方電気事業史』(1974.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
2月15日 西南戦争おこる 社会一般
8月21日 第1回内国勧業博覧会開催(東京) 社会一般
12月19日 東京大学でブンゼン電池によりアーク灯を点灯 日本の電気事業
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
3月25日 電信中央局開業祝賀会でグローブ電池によりアーク灯を点灯(「電気記念日」の起源) 日本の電気事業
4月 政府、愛知・広島両紡績所設立を企画 社会一般
- (この年)スワン(英)、炭素繊条白熱電球を発明 社会一般
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
4月 官営広島紡績所着工(広島県瀬野川町) 社会一般
12月 岡山紡績所設立(岡山市) 社会一般
- (この年)10基紡払下げ(岡山県玉島・下村紡績所などへ) 社会一般
- (この年)エジソン(米)、炭素線電球を発明 社会一般
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
11月5日 工場払下概則制定 社会一般
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 沖牙太郎、電信機製作の明工舎設立(現沖電気の前身) 日本の電気事業
1月25日 玉島紡績所設立(倉敷市玉島) 社会一般
1月 下村紡績所設立(倉敷市児島) 社会一般
4月7日 農商務省設置 社会一般
5月3日 小野田セメント製造会社設立免許(小野田市) 社会一般
7月 広島綿糸紡績所設立(広島市) 社会一般
10月18日 自由党結成 社会一般
10月21日 松方正義、大蔵卿に就任(松方デフレ政策の本格的展開) 社会一般
11月11日 日本鉄道会社設立 社会一般
PAGE TOP