中国電力(株)『中国地方電気事業史』(1974.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
10月1日 東京瓦斯局払下げ、東京瓦斯会社設立 社会一般
11月29日 東京銀行集会所開所式で白熱電灯を点灯(三吉工場製、国産最初の1.5kW直流発電機による) 日本の電気事業
12月22日 太政官制廃止、内閣制度施行、第1次伊藤内閣成立 社会一般
12月22日 工部省を廃止し逓信省を新設 社会一般
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
5月4日 第2海軍区鎮守府を呉港に設置決定 社会一般
6月30日 内閣官報印刷場、白熱電灯を点灯(官庁で最初の白熱電灯使用) 日本の電気事業
7月5日 東京電灯会社開業(わが国最初の電気事業) 日本の電気事業
9月20日 大阪紡績三軒家工場、自家発電で白熱電灯を点灯 日本の電気事業
11月26日 呉海軍船渠工事起工式 社会一般
12月23日 東京電灯、電球製造開始(わが国最初の電球製造) 日本の電気事業
- (この年)宇部市雀田炭坑、初めて蒸気ポンプ排水実施 社会一般
- (この年)景気好転、企業熱勃興(鉱山・鉄道・紡績) 社会一般
- (この年)タムソン(米)、電気溶接法を発明 社会一般
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
3月 藤田組、大森鉱山の経営開始(大田) 社会一般
5月18日 私設鉄道条例公布 社会一般
9月22日 名古屋電灯会社設立許可(22.12.15開業) 日本の電気事業
10月15日 神戸電灯会社設立(21.9.10開業) 日本の電気事業
11月1日 京都電灯会社設立許可(22.7.21開業) 日本の電気事業
11月21日 東京電灯第二電灯局落成(出力25kW、わが国最初の営業用火力発電所) 日本の電気事業
11月29日 東京電灯第二電灯局から架空線により市内へ直流配電、電灯供給開始 日本の電気事業
PAGE TOP