北陸電力(株)『北陸地方電気事業百年史』(1998.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
3月25日 工部大学校教師イギリス人エアトン、電信中央局開業祝宴会場の同校ホールで、わが国初のアーク灯点灯(グローブ電池を使用)。のちに、この3月25日を電気記念日とする 電気事業全般
5月1日 起業公債証書発行条例制定 社会一般
5月4日 株式取引所条例制定 社会一般
5月14日 参議兼内務卿大久保利通、石川県士族島田一郎ら6人に刺殺される 社会一般
6月1日 東京株式取引所開業 社会一般
10月15日 エジソン電灯会社設立 電気事業全般
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
3月3日 高岡に大火、焼失2,000戸 社会一般
3月 石川県、旧藩士卒の困窮者に対し授産資金貸与を決定。以後、これにならう県多くなる 社会一般
10月21日 エジソン(米)、炭素線電球(白熱灯)を発明(スワン(英)も同時期に炭素線電球を発明) 電気事業全般
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
11月5日 官営工場払下概則制定(17年10月3日廃止) 社会一般
- エジソン、京都八幡産の竹で電球繊条製作 電気事業全般
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
1月10日 第七連隊兵舎より失火、金沢城焼失 社会一般
10月21日 松方正義、参議兼大蔵卿に就任 社会一般
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
1月12日 エジソン電灯会社、ロンドンで世界最初の一般供給用のホルボーン・バイアダクト発電所運転開始 電気事業全般
5月15日 富山県氷見に大火、焼失1,600戸 社会一般
6月22日 政府、士族勧業資本金として、307万5,000円支出を決定 社会一般
9月4日 エジソン電灯会社、ニューヨークでバール街発電所運転開始 電気事業全般
10月10日 日本銀行開業 社会一般
11月1日 東京電灯、銀座仮事務所前でアーク灯点灯 電気事業全般
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
2月15日 東京電灯設立 電気事業全般
PAGE TOP