東邦瓦斯(株)『最近10年の歩み』(1993.03)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
10月14日 新橋~横浜間に鉄道開通 一般事項
10月31日 横浜にガス灯点火、横浜ガス開業 一般事項
12月27日 額田県、愛知県に合併し現在の愛知県成立 一般事項
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
10月1日 東京ガス、東京府のガス事業を譲り受け設立 一般事項
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
10月1日 名古屋市発足 一般事項
12月15日 名古屋電灯開業 一般事項
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
11月29日 大日本帝国憲法施行 一般事項
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
8月1日 日清戦争勃発(28.4.17講和条約調印) 一般事項
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
7月11日 山田才吉等名古屋市にガス事業(愛知ガス)創設を企図、愛知県知事に国県道および重要道路の使用免許出願(30.8.3許可) 名古屋ガス事項
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
2月10日 日露戦争勃発(38.9.5講和条約調印) 一般事項
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
10月19日 大阪ガス開業 一般事項
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
7月1日 奥田正香等、愛知ガスの計画を受け継ぎ、名古屋ガスの創立事務開始 名古屋ガス事項
11月5日 名古屋ガス創立総会開催//公称資本金200万円(払込資本金50万円)//社長 奥田正香//本社 名古屋市栄町115番戸 名古屋ガス事項
11月15日 工場敷地として愛知郡御器所村字高縄手の1万3,000坪購入 名古屋ガス事項
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
3月25日 愛知県知事からガス事業許可 名古屋ガス事項
3月28日 本支管の埋設開始 名古屋ガス事項
4月5日 本社、南大津町2丁目11番地の1に移転 名古屋ガス事項
4月28日 ガス製造設備・ガスホルダー建設工事に着手 名古屋ガス事項
5月13日 名古屋市との間に報償契約締結 名古屋ガス事項
5月28日 ガス料金決定(灯熱用2.00~2.40円/千ft3―8段階―、動力用2.00円/千ft3) 名古屋ガス事項
PAGE TOP