東宝(株)帝国劇場『帝劇の五十年』(1966.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
昭和3年(1928) - 【渋沢栄一】日本航空輸送会社創立・創立委員長。日本女子高等商業学校発起人。〔88歳〕【竜門社】青淵先生米寿祝賀会を開催し、斯文会編訳『国訳論語』等を記念品として青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
12月21日 演目: キリスト(佐藤紅緑作)、沓掛時次郎(長谷川伸作) ; 出演者: 新国劇沢田正二郎一座に宗之助加入 ; 期間: 12月29日まで 主要興行年譜
12月22日 演目: 吉例家庭娯楽会 ; 出演者: 久留島武彦、高峰筑風、杵屋佐吉社中、専属男女優 ; 期間: 12月29日(正午)まで 主要興行年譜
昭和4年(1929) - 【渋沢栄一】アメリカン・ソサエティ・オブ・メカニカル・エンジニア名誉会員。中央盲人福祉協会創立・会長。〔89歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 演目: 菅原伝授手習鑑(車引)、祇園祭礼信仰記(金閣寺)、色彩間苅豆(木下川堤)、神明恵和合取組(竹柴其水作) ; 出演者: 梅幸、幸四郎、宗十郎、勘弥、幸蔵らに羽左衛門加入 ; 期間: 1月25日まで 主要興行年譜
1月26日 演目: アントニーア・アルヘンティーナ女史舞踊公演 ; 期間: 1月30日まで 主要興行年譜
2月1日 演目: 評判有馬猫(河竹黙阿弥作)、唖旅行(益田太郎冠者作) ; 出演者: 宗十郎、幸蔵、加藤、佐々木、林、専属女優 ; 期間: 2月24日まで 主要興行年譜
2月17日 演目: 黒田謙帰朝第一回独唱会;期間:(1時) 主要興行年譜
2月24日 演目: 大阪河合ダンス・バレー団公演 ; 期間: 2月28日まで 主要興行年譜
2月 「築地小劇場」分裂。 欄外
3月1日 演目: 荒神山(神田伯山口演 瀬戸英一脚色)、赤穂浪士(大仏次郎作 金子洋文脚色) ; 出演者: 新国劇沢田正二郎病気休演のため大河内伝次郎出演 倉橋仙太郎加入 ; 期間: 3月15日まで 主要興行年譜
3月16日 演目: カーピ伊太利歌劇 リゴレッド、アイーダ、トラヴィアタ、カルメン 他 ; 期間: 3月30日まで 主要興行年譜
3月16日 演目: 東京電灯職員慰安会 ; 出演者: 新国劇 ; 期間: 3月23日(10時)まで 主要興行年譜
3月 沢田正二郎逝く。 欄外
4月1日 演目: 名和長年(幸田露伴作 右田寅彦脚色)、高麗蔵改名口上 花上野誉碑(志度寺)、源氏烏帽子(岡鬼太郎作)、稲妻草紙(近江国唐崎殺し) ; 出演者: 梅幸、幸四郎、宗十郎、勘弥、幸蔵、高助、田之助、しうか、訥升、芝鶴、金太郎改め高麗蔵 ; 期間: 4月25日まで 主要興行年譜
4月26日 演目: アメリータ・ガリクルチ女史演奏会 ; 期間: 4月30日まで 主要興行年譜
4月27日 演目: 名流出演帝劇バラエティ ; 出演者: 勘弥、藤間政弥ら ; 期間: 4月29日まで 主要興行年譜
4月 千代之助、四代目片岡我当襲名。 欄外
5月1日 演目: 明暗双眼鏡(園池公功作)、時の氏神(菊池寛作)、法界坊(田村西男作)、春曙夢(円城寺清臣立案) ; 出演者: 勘弥、幸蔵、しうか、加藤、佐々木、林、律子、嘉久子、浪子、菊江、房子 ; 期間: 5月25日まで 主要興行年譜
5月12日 演目: アメリータ・ガリクルチ女史告別立音楽会 ; 期間: 5月19日(1時半)まで 主要興行年譜
5月26日 演目: ジャン・クーベリック提琴演奏会 ; 期間: 5月27日まで 主要興行年譜
5月28日 演目: 何が彼女をそうさせたか(藤森成吉作)、ラスプーチンの死(前田河広一郎作)、生ける人形(片岡鉄兵作 高田保脚色) ; 出演者: 新築地劇団=薄田研二、丸山定夫、山本安英、高橋とよ子、細川ちか子 ; 期間: 5月30日まで 主要興行年譜
PAGE TOP