東宝(株)帝国劇場『帝劇の五十年』(1966.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
昭和15年(1940) - 【竜門社】第100回会員総会並に記念展観を開催する。 渋沢関係略年譜
9月1日 演目: 西郷隆盛(真山青果作 谷屋充演出)、解決(秘田余四郎作 高田保脚色演出)、髪(金子洋文作・演出) ; 出演者: 新国劇 ; 期間: 9月10日まで 主要興行年譜
9月 第二次世界大戦はじまる。 欄外
9月 泉鏡花逝く。 欄外
9月 日独伊三国同盟締結。 欄外
9月 日劇ダンシング・チーム、東宝舞踊隊と改称。 欄外
9月 五代目中村歌右衛門逝く。 欄外
9月 帝国劇揚は内閣情報局庁舎として徴用され、十日限りで公演を打切る。 欄外
10月 映画法施行。 欄外
10月 宝塚少女歌劇、宝塚歌劇と改称。 欄外
10月 右近、二代目尾上九朗右衛門襲名。 欄外
11月 西園寺公望公爵逝く。 欄外
12月 外国映画の配給統制実施。 欄外
昭和16年(1941) - 【渋沢敬三】全国貯蓄銀行協会会長に就任。第一銀行副頭取に就任。 渋沢関係略年譜
3月 国民学校令公布。 欄外
5月 三世竹本津太夫逝く。 欄外
6月 独ソ開戦。 欄外
7月 第二次近衛内閣総辞職。 欄外
7月 第三次近衛内閣成立。 欄外
7月 日本軍、南部仏印に進駐。 欄外
10月 第三次近衛内閣総辞職。 欄外
10月 東条内閣成立。 欄外
PAGE TOP