(株)日本経済新聞社『日本経済新聞九十年史』(1966.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
12月2日 創刊、中外物価新報と称し週刊(毎土曜日夜印刷)タブロイド判よりやや大四ページ建て、各面五段、一段二十字詰め三十七行、購読料一カ年前金二円四十銭、六カ月同一円二十五銭、一部五銭、発行所兜町六、三井物産会社内中外物価新報局、印刷所銀座二ノ三日報社。 社史
12月9日 三菱汽船会社の小笠原島航路開始。 日本史
12月19日 三重、愛知、岐阜など各県に地租改正反対の一揆起こる。 日本史
12月30日 三井物産会社兜町五に移転に伴い中外物価新報局も移る。 社史
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
1月27日 海外商況を掲載。 社史
2月15日 西南戦争始まる。 日本史
2月15日 新潟米商会所設立。 日本史
3月31日 論説初めて本紙に載る。外国為替相場を載せる。 社史
5月4日 本紙取次販売所として東京十一、横浜三、大阪五など全国で四十一店を公告。 社史
9月24日 城山陥落、西南戦争終わる。 日本史
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
1月4日 初刊四ページ。 社史
1月4日 週二回(水、土)発行とする、一部売り三銭に引き下げ半年一円三十銭、一カ年二円五十銭。 社史
5月14日 参議大久保利通暗殺される。 日本史
6月1日 東京株式取引所開所。 日本史
8月15日 大阪株式取引所開所。 日本史
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
3月10日 横浜洋銀取引所開業(十三年九月横浜株式取引所となる)。 日本史
4月4日 琉球藩廃止、沖縄県を設置、清国公使抗議。 日本史
5月24日 本紙取次販売所として十四都市の三十店を公告。 社史
8月17日 パナマ運河会社設立。 日本史
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 安田銀行開業。 日本史
PAGE TOP