(株)日本経済新聞社『日本経済新聞社110年史』(1986.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
1月3日 明治元年から同22年までの毎月平均の「銀米高低表」を付録とする。この付録は明治30年まで継続
3月12日 演芸記事を初めて掲載
4月13日 本紙に連載した「米相場考」を単行本として出版、380ページ、2,000部限定版
5月20日 外米払い下げにからまる農商務省通達偽造事件起こり全文を本紙に掲載したため号外を発行して取り消す
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
3月24日 紙面改善、紙幅を広くし1行5号活字23字詰め1段ルビ付き58行となる
4月10日 「論説」欄をつくり社外寄稿家の経済論策を収録
7月12日 第1面に広告を初めて掲載
10月30日 濃尾地方大地震、野崎広太記者を現地に特派
11月8日 濃尾大地震の写真40余枚を本社前に掲げて縦覧に供す
11月25日 議会開会、この日から毎日、本紙2ページ大の付録を添えて議会関係の記事を収録
明治25年(1892) - 【渋沢栄一】東京貯蓄銀行創立・取締役(後に取締役会長)。元日本製帽を買収し東京帽子株式会社設立・取締役会長。〔52歳〕 渋沢関係略年譜
4月15日 本紙とは別に日刊夕刊「商業新報」(2ページ建て)を発行、1部売り5厘、1ヵ月10銭として無休刊、この夕刊紙は明治27年1月廃刊
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
1月1日 初刊12ページ。決算広告など殺到し1月中20回増ページ、2月は6ページ発行19回に及ぶ
3月19日 6ページ建てを実施、同時に地方通信の充実を図る
7月2日 商法一部施行により商業登記事項を毎日載せる
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
6月6日 「内外生糸相場累年高低表、付外国為替相場累年高低表」を刊行、1部8銭
6月8日 韓国東学党の乱は、記事差し止めとなったが法にふれない範囲で京城特別通信員の報道記事を掲載する旨を社告
7月24日 京城特派員の記事で3日間発行停止を命ぜられる
8月2日 日清戦況に関し以後号外をたびたび発行
8月14日 京城、釜山、馬関に特派員を派遣してある旨社告
8月17日 上海に特派員を派遣
PAGE TOP