日本新聞連盟『日本新聞百年史』(1962.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
3月 △[創刊]「明治新聞」 新聞放送関係
3月 △[創刊]「大阪府日誌」 新聞放送関係
3月 △[創刊]「博問新報」 新聞放送関係
4月 △[創刊]「天理可楽怖」 新聞放送関係
4月 △[創刊]「開知新報」 新聞放送関係
5月 △[創刊]「風のたより」 新聞放送関係
6月11日 五稜郭陥落 一般重要事項
6月17日 版籍奉還、各地に知藩事を置く 一般重要事項
6月 卿、諸侯の称を廃し華族と改む 一般重要事項
8月15日 蝦夷を北海道と改称 一般重要事項
8月 △[創刊]「謝海新聞」京都 新聞放送関係
9月 △[創刊]「開拓使日誌」大阪 新聞放送関係
9月 △[創刊]「集議院日誌」 新聞放送関係
12月25日 東京、横浜間電信開通 一般重要事項
12月 △[創刊]官板「日講記録」大阪 新聞放送関係
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
2月 新聞取締事務を大史局所管とする 新聞放送関係
7月28日 孛仏戦争で局外中立宣言 一般重要事項
9月19日 △[創刊]官板「海外新聞」 新聞放送関係
9月19日 平民の苗字を許す 一般重要事項
11月13日 徴兵規則発布 一般重要事項
PAGE TOP