箱根温泉供給(株)『箱根温泉供給社史』(1982.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
寛文10年(1670) 2月25日 深良用水竣工 明治11年以前 関連事項
元文元年(1736) - (元文元年)地獄山(大涌谷)から仙石原に引湯、後湯口破損したため廃止(約6年間)(1740年まで) 明治11年以前 主要事項
明治2年(1869) - 【渋沢栄一】静岡藩に「商法会所」設立。明治政府に仕え、民部省租税正となる。民部省改正掛掛長を兼ねる。〔29歳〕 渋沢関係略年譜
- 仙石原関所廃止 明治11年以前 関連事項
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
- 再び地獄山(大涌谷)から仙石原元湯場(現仙郷楼)に引湯、湯治宿開業 明治11年以前 主要事項
- 芦の湖で渡船業始まる 明治11年以前 関連事項
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
- 上湯場(現冠峰楼)、下湯場(現万岳楼)に湯治宿開業 明治11年以前 主要事項
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
6月 仙石学校、長安寺にて開校 明治11年以前 関連事項
- 大地獄(地獄山)大涌谷と改名 明治11年以前 主要事項
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
12月16日 宮ノ下郵便局開設 明治11年以前 関連事項
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
4月18日 足柄県が廃され箱根、小田原など神奈川県に編入 明治11年以前 関連事項
6月7日 ベルツ博士、東京医学校教授として来日 明治11年以前 主要事項
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
7月15日 宮ノ下に外人専門の富士屋ホテル開業 明治11年以前 関連事項
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
2月 須永伝蔵実習のため三里塚牧羊場へ出向 前史 当社事項
10月30日 渋沢栄一等仙石原を視察 前史 当社事項
- 益田孝初めて仙石原を訪れる 前史 当社事項
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
2月 耕牧舎、仙石原の開拓に着手 前史 当社事項
- ベルツ博士『日本鉱泉論』を著す 前史 当社事項
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
- 耕牧舎、宮ノ下・箱根に支店を設け牛乳の販売を開始 前史 当社事項
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
- 耕牧舎、東京に支店を設け牛乳の販売を開始 前史 当社事項
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 箱根離宮竣工 前史 関連事項
PAGE TOP