(株)読売新聞社『読売新聞百年史. 資料・年表』(1976.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治6年(1873) - 【渋沢栄一】大蔵省を辞める。第一国立銀行開業・総監役。抄紙会社創立(後に王子製紙会社・取締役会長)。〔33歳〕 渋沢関係略年譜
2月 「まいにちひらがなしんぶん」創刊。間もなく廃刊 マスコミ
4月20日 日就社、横浜から東京虎の門外琴平町1番地に移る 本社
5月7日 井上馨大蔵大輔、渋沢栄一大蔵省三等出仕、財政意見を建議 一般
5月 「日新真事誌」井上馨らの財政意見書をスクープ マスコミ
6月25日 マリア・ルース号事件、ロシア皇帝の裁決に依頼することに両国合意 一般
6月28日 駅逓寮、新聞原稿の郵送配達無料制を決定 マスコミ
7月28日 地租改正条例布告 一般
7月 平野富二、築地2丁目に活版製造所を開く マスコミ
10月17日 木戸孝允、大久保利通、大隈重信、大木喬任の諸参議、西郷隆盛の朝鮮派遣に反対して辞任。岩倉具視、三条実美も辞意表明 一般
10月19日 新聞紙発行条目(発行許可制、国体誹謗《ひぼう》、政法批評禁止、官吏の秘密漏洩《ろうえい》防止を規定)公布 マスコミ
10月24日 天皇、岩倉の奏をいれ朝鮮への使節派遣を無期延期。陸軍大将西郷、参議・近衛都督を辞職 一般
10月25日 参議副島種臣、後藤象二郎、板垣退助、江藤新平辞職 一般
10月 銀座煉瓦街のうち1等地の区域の建設成る 一般
10月 《The Transaction of Asiatic Society of Japan》創刊 マスコミ
11月20日 内務省をおく 一般
明治7年(1874) - 【渋沢栄一】東京府知事より共有金取締を嘱託される。〔34歳〕 渋沢関係略年譜
1月17日 副島・後藤・江藤・板垣ら8人、民選議院設立建白書を左院に提出 一般
1月18日 民送議院設立建白書を「日新真事誌」スクープ マスコミ
2月4日 江藤新平ら佐賀士族の暴動(佐賀の乱)起こる 一般
3月1日 政府軍、佐賀県庁を奪回、佐賀の乱鎮圧(4.13江藤処刑) 一般
3月 「明六雑誌」発刊 マスコミ
PAGE TOP