(株)読売新聞社『読売新聞百年史. 資料・年表』(1976.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
12月29日 発行枚数1万7,000と社告 本社
明治9年(1876) - 【渋沢栄一】東京府瓦斯局事務長。東京養育院院長。〔36歳〕 渋沢関係略年譜
1月4日 創刊以来の半紙大2ページを4ページとし、定価1枚1銭、1か月20銭に改定。題字を佐瀬得所筆の草書体に改める(1.17再び活字体にもどす)。高畠藍泉入社 本社
1月6日 ブラック、無届けで「万国」(夕刊紙)を発刊(1号で禁止) マスコミ
1月10日 甲府に売捌所を指定 本社
2月10日 「大阪日報」創刊 マスコミ
3月1日 「東京平仮名絵入」が「東京絵入」と改題 マスコミ
3月22日 小田原、沼津に売捌所を指定 本社
3月28日 廃刀令。大礼服および軍人・警察官・官吏制服着用の場合を除き帯刀を禁止 一般
4月1日 官庁、1、6休暇を廃し日曜全休、土曜半休とする 一般
4月1日 新聞休日を日曜、祝祭日に改める(従来は1、6の日と祝祭日) 本社
4月29日 「小学雑誌」(隔日刊、定価6厘)を発刊。高畠藍泉編集 本社
4月 服部誠一、松村春輔ら風刺雑誌「東京新誌」創刊 マスコミ
6月7日 大阪御霊筋伏見町通5丁目11番地に日就社支店を置く 本社
6月23日 神戸に売捌所を指定 本社
6月28日 東京浅草寺の「新聞供養大施餓鬼会」に鈴木田正雄編集長ら5人出席(7.1から祭文を逐次掲載) 本社
6月28日 東京・横浜の有力紙協力して讒謗律・新聞条例1周年記念の「新聞供養大施餓鬼会」を浅草寺で開催 マスコミ
7月2日 仮名垣魯文、横浜野毛坂上に新聞縦覧所「窟螻蟻」(くつろぎ)を開く マスコミ
7月5日 「国安妨害」の記事を掲載した新聞雑誌に対し、内務省で発行停止・禁止の行政処分を行うことを定める マスコミ
8月1日 米商会所条例・米商会所規定を定める 一般
8月1日 「養生雑誌」(月2回刊、定価3銭)を発刊。編集今川粛 本社
PAGE TOP