(特)東京商工会議所『東京商工会議所八十年の回顧』(1961.01)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
嘉永2年(1849) - 同[独]、ブレーメン商業会議所設立
嘉永3年(1850) - 英、リヴアプール商業会議所設立
嘉永6年(1853) - 和、ハーグ商業会議所設立
文久元年(1861) - 【渋沢栄一】春、江戸に出て、海保漁村塾・千葉栄次郎道場に学ぶ。〔21歳〕 渋沢関係略年譜
- 独、ドイツ商業会議所連合会(後のドイツ商工会議所連合会)設立
慶応3年(1867) - 【渋沢栄一】徳川昭武に従ってフランスへ出立(パリ万博使節団)。〔27歳〕 渋沢関係略年譜
- 独、ハンブルグ商業会議所設立
明治3年(1870) - 【渋沢栄一】官営富岡製糸場設置主任となる。〔30歳〕 渋沢関係略年譜
- 伊、ローマ商業会議所設立
明治5年(1872) - 【渋沢栄一】大蔵少輔事務取扱。抄紙会社設立出願。〔32歳〕 渋沢関係略年譜
5月 町会所を廃し、7月東京営繕会議所を置く、8月東京会議所に改編
明治8年(1875) - 【渋沢栄一】第一国立銀行頭取。商法講習所創立。東京会議所会頭。〔35歳〕 渋沢関係略年譜
- 英国商業会議所連合会設立、白、ブラツセル商業会議所設立
明治10年(1877) - 【渋沢栄一】択善会創立(後に東京銀行集会所・会長)。王子西ヶ原に別荘を建てはじめる。〔37歳〕 渋沢関係略年譜
- 東京会議所解散
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
3月 東京商法会議所設立
8月 大阪商法会議所設立、以後各地に商法会議所続々設立
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
5月 太政官布告第28号、府県農商工諮問会、区及び連合区町村農商工会議規則公布
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
- 英、ロンドン商業会議所設立
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
5月 太政官布達第13号、勧業諮問会及び勧業委員会規則公布
11月 東京商法会議所、東京商工会に改編、以後各地商法会議所中商工会に改編するものあり
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 英帝国商業会議所連盟設立
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
9月 法律第81号、商業会議所条例公布
9月 農商務省令第12号、商業会議所条例施行規則公布
12月 以後各地に商業会議所の設立続く
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
1月 東京商業会議所設立
PAGE TOP