(特)東京商工会議所『東京商工会議所百年史』(1979.07)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
8月 東京市区改正条例公布(最初の都市計画立法) 国内外の動き
9月 渋沢会頭、商業会議所条例草案に関する諮問会において意見を開陳 商工会議所関係事項
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
2月 大日本帝国憲法発布 国内外の動き
5月 東京市誕生 国内外の動き
11月 木挽町に歌舞伎座開場、改良芝居と称し河竹黙阿弥作「俗説美談黄門記」を上演 国内外の動き
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
4月 商法公布 国内外の動き
4月 第三回内国勧業博覧会、上野で開催(~7月まで) 国内外の動き
5月 府県制公布 国内外の動き
7月 初の総選挙実施 国内外の動き
9月 商業会議所条例(法律第八一号)公布 商工会議所関係事項
10月 教育勅語発布 国内外の動き
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
1月12日 東京商工会、新法に基づき東京商業会議所となる 商工会議所関係事項
10月 帝国議事堂完成(二、二〇〇坪、工費二二万円) 国内外の動き
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
1月 東京市、日比谷練兵場跡を公園地とし、日比谷公園とする。一九〇三年開園 国内外の動き
3月 喜賓会を設置(のち交通公社に発展) 商工会議所関係事項
4月 三多摩(西・南・東多摩三郡一八町一六〇村)が東京府へ編入 国内外の動き
8月 君が代制定 国内外の動き
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
7月 日英通商航海条約(改正)調印され、不完全ながら関税主権の大部分を回復す 国内外の動き
7月 東京府庁落成 国内外の動き
8月 日清戦争起こる(翌年三月講和条約調印) 国内外の動き
PAGE TOP