郡是製糸(株)『郡是四十年小史 : 創立四十年記念』(1935.05)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
5月1日 創立総会 主要事項
5月6日 羽室嘉右衛門氏社長となる 主要事項
6月1日 会社設立免許 主要事項
7月29日 操業開始 主要事項
8月13日 会社開業 主要事項
8月30日 由良川大洪水、休業五日 主要事項
明治30年(1897) - 【渋沢栄一】澁澤倉庫部開業(後に澁澤倉庫会社・発起人)。十勝開墾合資会社業務担当社員。広島水力電気株式会社創立、取締役会長。渋沢家洲崎養魚場開設 〔57歳〕 渋沢関係略年譜
11月3日 高津八幡宮にて始めて運動会を開く 主要事項
11月23日 工女に学科教授を始む 主要事項
明治31年(1898) - 【渋沢栄一】浅野セメント合資会社監査役。韓国視察、韓国皇帝に謁見。王子製紙株式会社取締役会長を辞す(後に相談役)〔58歳〕 渋沢関係略年譜
- 夜学会に教師を嘱託す 主要事項
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
4月6日 創立記念式挙行 主要事項
4月 第三期一割の初配当をなす 主要事項
5月22日 建物一切を火災保険に附す(保険金一万円) 主要事項
7月26日 片山支配人清国営業視察に出発 主要事項
- 繰糸機を共撚式よりケンネル式に改正 主要事項
明治33年(1900) - 【渋沢栄一】京釜鉄道株式会社創立委員長。日本興業銀行設立委員。黒須銀行相談役。〔60歳〕【竜門社】青淵先生の還暦祝賀として『青淵先生六十年史 一名近世実業発達史』を刊行、青淵先生に贈呈する。 渋沢関係略年譜
1月10日 機業部開業 主要事項
4月 第四期四割の高率配当をなす 主要事項
8月 始めて社則を制定す 主要事項
- 製品を成行先約定の方法にて販売す 主要事項
- 燃料に石炭を使用す 主要事項
明治34年(1901) - 【渋沢栄一】大阪瓦斯会社監査役。日本女子大学校開校・会計監督(後に校長)。東京・飛鳥山邸を本邸とする。京釜鉄道株式会社取締役、後に取締役会長。茨城採炭株式会社創立、相談役。〔61歳〕 渋沢関係略年譜
10月26日 波多野鶴吉氏社長となる 主要事項
PAGE TOP