敷島紡績(株)『敷島紡績七十五年史』(1968.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
3月16日 福紡 伝法工場を大阪撚糸会社へ売却する 当社・関係会社
4月23日 福紡 本社を大阪府西成郡上福島村に移転する 当社・関係会社
5月1日 福紡 本社第1工場の起工式を挙行する 当社・関係会社
7月1日 会社法実施される 業界・内外の情勢
7月1日 大日本綿糸紡績同業聯合会と日本郵船会社との間に孟買棉花積取契約成立する 業界・内外の情勢
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
1月21日 福紡 初めて社債発行を決議する(5万円) 当社・関係会社
2月21日 大阪糸綿木棉取引所、初立会を行なう 業界・内外の情勢
7月1日 綿糸輸出税免除実施される 業界・内外の情勢
8月1日 日清戦争勃発する 業界・内外の情勢
9月6日 福紡 本社第1工場の試運転を行なう 当社・関係会社
10月12日 福紡 製糸の初売りを行なう 当社・関係会社
10月 福紡 笠岡紡績株式会社設立される 当社・関係会社
12月18日 福紡 大阪病傷保険株式会社と職工の保険契約を締結する 当社・関係会社
明治28年(1895) - 【渋沢栄一】東京統計協会終身会員。〔55歳〕 渋沢関係略年譜
4月17日 日清講和条約調印される 業界・内外の情勢
10月15日 福紡 八幡工場の処分を決議する 当社・関係会社
10月24日 福紡 資本金50万円に増資決議する 当社・関係会社
11月6日 福紡 第4回内国勧業博覧会へ出品した綿糸に対し有功2等の褒賞を受章する 当社・関係会社
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
2月26日 富士紡績株式会社設立される 業界・内外の情勢
4月1日 綿花羊毛輸入税撤廃、実施される 業界・内外の情勢
4月29日 福紡 本社第2工場の起工式を挙行する 当社・関係会社
PAGE TOP