日綿実業(株)『日綿70年史』(1962.11)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治25年(1892) - 【渋沢栄一】東京貯蓄銀行創立・取締役(後に取締役会長)。元日本製帽を買収し東京帽子株式会社設立・取締役会長。〔52歳〕 渋沢関係略年譜
10月11日 日本綿花株式会社設立願書を大阪府知事に提出 当社事項
10月13日 大阪府知事より許可をうく 当社事項
11月10日 創立総会をひらく//佐野常樹取締役社長に、竹尾治右衛門、池田仁左衛門、末吉勘四郎、亀岡徳太郎、野田吉兵衛、富村三郎吉取締役に、岡橋治助、田中市兵衛、金沢仁兵衛監査役に就任 当社事項
12月1日 営業開始 当社事項
12月10日 営業規則を制定、商標を分銅を象った日の字に定む 当社事項
12月21日 佐野社長取引先選定のためインド、エジプトへ出張(二六年五月一一日帰国)光吉元次郎ボンベイに駐在 当社事項
- この年日本の紡機設備、四〇五、四七四錘//繰綿輸入高七八六、四七六ピクル 一般事項
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
3月6日 取引所法公布、従来の米商会所条例廃止 一般事項
3月 監査役田中市兵衛大阪商業会議所会頭に就任(二七年三月退任) 一般事項
6月30日 第一期決算(明治二五年一二月一日より翌年六月三〇日に至る七カ月間)金九、二八六円五六の純益を計上 当社事項
7月1日 商法中一部(会社編)施行 一般事項
9月9日 当社、内外綿、鐘紡、大阪紡、三重紡の五社、日本郵船会社とインド綿輸送契約を結ぶ(灘万会議) 一般事項
10月13日 佐野社長上海綿業視察と取引法決定のため上海へ出張(一一月一〇日帰阪) 当社事項
10月23日 北区中之島二丁目一〇番、一一番屋敷に一二三坪を購入、木造事務所の建築に着手(二七年七月二九日落成移転) 当社事項
11月7日 日本郵船広島丸インド綿積取り第一船としてボンベイ向神戸出港 一般事項
11月10日 中国綿取引開始 当社事項
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
2月7日 大阪区裁判所へ当社設立登記 当社事項
2月21日 大阪糸綿木綿取引所開業(後の三品取引所) 一般事項
5月25日 綿糸輸出税撤廃(七月一日実施) 一般事項
6月16日 日英通商航海条約締結 一般事項
PAGE TOP