日清紡績(株)『日清紡績六十年史』(1969.12)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
2月 豊田佐吉、自動織機を完成、製作開始 業界
5月 日本海海戦 一般情勢
6月 中央綿糸紡績同盟会解散 業界
9月 日露講和条約調印 一般情勢
- (秋)日比谷平左衛門、佐久間福太郎等、東京に有力紡績会社設立の構想を固める 当社
- (是年)印度綿の輸入額、支那綿を凌駕 業界
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
1月 福沢桃介、岩崎清七等、東京に紡績会社新設を目論む 当社
1月 第一次西園寺内閣成立 一般情勢
2月 安部幸兵衛、平沼専蔵、田中善助、若尾幾造等、関東に紡績会社新設を目論む 当社
4月 「鉄道国有法」の公布および外債募集成功等を契機として企業勃興 一般情勢
7月 富士紡績、東京瓦斯紡績と合併、富士瓦斯紡績株式会社成立 業界
9月 佐久間福太郎が中心となり、日比谷、福沢、安部等の計画を合体して、資本金一、〇〇〇万円の紡績会社創立内定 当社
11月3日 日清紡績株式会社設立発起人会開催 当社
11月15日 創立事務所を東京市日本橋区新乗物町十一番地、東京織物問屋同業組合ビルに開設//第二回設立発起人会を開催し、原始定款および創立委員一四名を決定 当社
11月27日 社章内定 当社
11月 村井紡績所設立 業界
11月 南満州鉄道株式会社設立 一般情勢
12月 三品取引所、綿花格付売買認可 業界
12月 大日本紡績聯合会、万国紡織聯合会へ入会 業界
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
1月10日 第一回株式払込金徴収(一株当り一二円五〇銭―総額二五〇万円) 当社
PAGE TOP