(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第1巻』(1937.06)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治11年(1878) - 【渋沢栄一】東京商法会議所創立・会頭(後に東京商業会議所・会頭)。〔38歳〕 渋沢関係略年譜
- 官立紡績所機械到着石河氏受渡を命ぜらる
明治12年(1879) - 【渋沢栄一】東京海上保険会社創立。グラント将軍(元第18代米国大統領)歓迎会(東京接待委員長)。〔39歳〕 渋沢関係略年譜
- 堺紡績所構内へ紡績神社を建つ
- 鹿嶋紡績所精紡機を製作す
- 石河氏渋沢氏の依頼により大阪紡績の水利を検分す
明治13年(1880) - 【渋沢栄一】博愛社創立・社員(後に日本赤十字社・常議員)。〔40歳〕 渋沢関係略年譜
- 石河氏各地紡績所建設の為め随時出張の儀を命ぜらる
- 十基紡機中二機到着し三重、静岡へ配賦す
- 石河氏大阪紡績の水量計算書及機械据付費予算を造る
- 鹿嶋紡績作業方法を改良す
- 鹿嶋紡績動力織機の試験を行ふ
明治14年(1881) - 【渋沢栄一】ハワイ国皇帝ディヴィド・カラカウァ飛鳥山訪問 〔41歳〕 渋沢関係略年譜
- 川崎正左衛門氏堺紡績を譲受く
- 政府の紡績奨励方針変る
- 鹿嶋紡ドラムを発明す
明治15年(1882) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社創立。ちよ夫人死去。〔42歳〕 渋沢関係略年譜
- 伊集院篤氏鹿児嶋紡績所長となる
明治16年(1883) - 【渋沢栄一】大阪紡績会社工場落成・発起人(後に相談役)。伊藤かねと再婚。〔43歳〕 渋沢関係略年譜
- 鹿嶋紡績所水車場大故障を起す
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
- 川崎正左衛門氏歿す
- 鹿嶋紡績所製品三等賞を受く
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 鹿児嶋紡績織機場を川崎金之助氏に貸与す
- 石河氏奏任四等技師となり正七位に叙せらる
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
- 石河氏非職となる
- 鹿嶋紡績東京紡績に買収さる
PAGE TOP