(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第2巻』(1937.09)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治18年(1885) - 【渋沢栄一】ジャパン・ブリュワリー・コンパニー・リミテッド設立(後に理事)。日本郵船会社創立(後に取締役)。東京瓦斯会社創立(創立委員長、後に取締役会長)。〔45歳〕 渋沢関係略年譜
- 姫路紡績払下許可
- 綿糸集談会開く
- 三重紡績所第四回機械延納願を提出す
明治19年(1886) - 【渋沢栄一】「竜門社」創立。東京電灯会社開業(後に委員)。〔46歳〕【竜門社】竜門社が東京・深川福住町の青淵先生邸内に創立する。機関誌『竜門雑誌』創刊号を刊行。 渋沢関係略年譜
- 田村九一氏飾磨県御用掛として姫路紡績を監督す
- 愛知紡績所払下
- 岡田令高氏奏任四等技師に任命
- 三重紡績所第五回紡機代金延納願を提出す
- 三重紡延納追願をなす
- 三重紡機械代金の棄捐
- 三重紡株式組織に変更
- 広嶋綿糸紡績上瀬野工場(広嶋紡績所)河原町に移転
明治20年(1887) - 【渋沢栄一】東京製綱会社発起委員(後に取締役会長)。東京人造肥料会社創立委員(後に取締役会長)。京都織物会社創立、相談役。日本煉瓦製造会社創立・発起人(後に取締役会長)。帝国ホテル創立・発起人総代(後に取締役会長)。北海道製麻会社・相談役。〔47歳〕 渋沢関係略年譜
- 渋谷庄三郎氏姫路紡績を譲受く
- 岡田令高氏非職となる
- 下野紡績株式組織となる
- 野沢泰次郎氏下野紡績社長を柿沼谷蔵氏に譲る
- 岡山紡績火災に罹る
- 川邨利兵衛氏外棉視察の途に上る
- 大阪紡績第三工場設立
明治21年(1888) - 【渋沢栄一】札幌麦酒会社創立・発起人総代(後に取締役会長)。品川硝子会社設立、相談役。東京女学館開校・会計監督(後に館長)。〔48歳〕【竜門社】出版条例の改正により『竜門雑誌』1号を改めて発行する。第1回秋季総集会を曖依村荘にて開催する。 渋沢関係略年譜
- 亀岡勝知氏広嶋綿糸紡社長を退く
- 斎藤恒三氏英国より帰朝
PAGE TOP