(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第4巻』(1939.02)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治22年(1889) - 【渋沢栄一】東京石川島造船所創立・委員(後に取締役会長)。門司築港会社創立・相談役。田川採炭株式会社創立・相談役。三重紡績株式会社相談役。北海道炭礦鉄道会社常議員〔49歳〕 渋沢関係略年譜
- 三池紡績創立願提出
- 尾張紡績開業
- 鐘紡据付終了
- 尼紡創立願書提出
- 尼紡菊池恭三氏を招聘
- 尼紡最初の重役決定
- 摂津紡創立願提出
- 大阪府摂津紡に設立中止忠告
明治23年(1890) - 【渋沢栄一】貴族院議員に任ぜられる。三本木渋沢農場開墾開始。〔50歳〕 渋沢関係略年譜
- 財界恐慌襲来す
- 金巾製織会社最初の重役決定
- 摂津紡績に株金私消事件起る
- 菊池恭三氏摂津紡へ兼務
- 摂津紡減資
- 全国紡績共同荷造機を堂嶋紡へ据付く
- 鐘紡大損失を醸す
- 山岡正治氏閉門仰付らる
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
- 吉田朋吉氏大負傷す
- 鐘紡重役会改造
- 摂津紡平野紡へ合併の議起る
- 摂津紡開業
PAGE TOP