(社)日本綿業倶楽部『本邦綿糸紡績史. 第4巻』(1939.02)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治24年(1891) - 【渋沢栄一】日本製帽会社相談役。東京交換所創立・委員長。東京商業会議所会頭。〔51歳〕 渋沢関係略年譜
- 尾張紡震災に遇ふ
- 尼紡開業
明治25年(1892) - 【渋沢栄一】東京貯蓄銀行創立・取締役(後に取締役会長)。元日本製帽を買収し東京帽子株式会社設立・取締役会長。〔52歳〕 渋沢関係略年譜
- 尾張紡復興す
- 中上川、朝吹両氏鐘紡に入る
明治26年(1893) - 【渋沢栄一】喜賓会創立、幹事長。東京人造肥料株式会社取締役会長。株式会社東京石川島造船所取締役会長。王子製紙株式会社取締役会長。帝国ホテル株式会社取締役会長。〔53歳〕 渋沢関係略年譜
- ゼー、ヱヌ、タゝ氏来朝
- 印棉積取問題決定す
- 日本郵船会社広嶋丸の孟買初航
- 郡山紡績設立届提出
- 郡山紡プラツト紡機注文
- 前川迪徳氏郡山紡社長となる
- 平野紡績野田紡績を買収
- 福本元之助氏尼紡社長となる
- 菊池恭三氏尼紡取締役となる
- 金巾製織第一工場火災
明治27年(1894) - 【渋沢栄一】東京瓦斯株式会社取締役会長。東京海上保険株式会社取締役。北越鉄道株式会社創立発起人。札幌麦酒株式会社取締役会長。〔54歳〕 渋沢関係略年譜
- 現在の本邦錘数五十四万錘
- 郡山紡績据付終了
- 鐘紡兵庫支店を計画す
明治29年(1896) - 【渋沢栄一】日本精糖会社創立・取締役。東京興信所創立、評議員。東京銀行集会所会長。東京印刷株式会社設立・相談役。東洋汽船株式会社創業、監査役。東京建物株式会社創立発起人。第一国立銀行が営業満期により第一銀行となる。引続き頭取。汽車製造合資会社設立・創立委員(後に監査役)。北越石油株式会社創業・相談役。日本勧業銀行設立委員。〔56歳〕【渋沢敬三】父・渋沢篤二、母・敦子の長男として都内深川に生まる。 渋沢関係略年譜
- ピー、オー日本郵船会社に降る
明治32年(1899) - 【渋沢栄一】衆議院議員選挙法改正規制同盟会会長。福田会名誉顧問。大蔵省より北海道拓殖銀行設立委員に任命。京仁鉄道合資会社設立、取締役社長。銀行倶楽部委員 〔59歳〕 渋沢関係略年譜
- 田村正寛氏金巾製織より富士紡へ移る
- 金沢仁兵衛氏歿す
PAGE TOP