和歌山紡織(株)『和歌山紡織株式会社五十年史』(1942.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治35年(1902) - 【渋沢栄一】合名会社中井商店顧問。清韓協会設立・幹事長。京仁鉄道合資会社取締役社長。兼子夫人同伴で欧米視察。ルーズベルト大統領と会見。〔62歳〕 渋沢関係略年譜
4月 (紡)四月社債壱万円償還
- (織)軍用服地納入ハジマル
明治36年(1903) - 【渋沢栄一】東宮御慶事奉祝会副会長・会計監督。インフルエンザ罹患、喘息を併発。京釜鉄道株式会社理事。〔63歳〕 渋沢関係略年譜
- (織)第五回内国勧業博覧会ニ売店ヲ出ス
明治37年(1904) - 【渋沢栄一】風邪をこじらせ長期に静養。韓国興業株式会社設立、監督。〔64歳〕 渋沢関係略年譜
4月 (紡)四月社債弐万円償還
- 日露戦争起ル、一般経済界停頓セルモ陸海軍連戦連勝ト通貨膨脹ト景気昂騰ノタメ経済界活況トナル
- (織)カーキ色服地製織ヲハジム
明治38年(1905) - 【渋沢栄一】韓国皇帝より勲一等太極章。移転した養育院感化部井之頭学校と改称、開校式。〔65歳〕 渋沢関係略年譜
1月 (織)一月創立十周年祝宴
- 日露戦争終了後一時好景気トナル
明治39年(1906) - 【渋沢栄一】大日本麦酒株式会社設立、取締役。南満州鉄道株式会社設立委員。京阪電気鉄道会社創立・創立委員長(後に相談役)。大日本製糖株式会社設立、相談役。名古屋電力株式会社創立・相談役。東海倉庫株式会社創立・相談役。明治製糖創立・相談役。〔66歳〕 渋沢関係略年譜
3月 (紡)三月本社ヲ伝法橋ニ移ス
5月11日 五月十一日竹田宮殿下台臨
6月 六月織布会社ニペスト発生、次デ紡績会社ニモ発生ス
8月 (紡)八月新株第一回挑込
- (紡)資本金参拾万円増加、計九拾万円
- (織)中之島工場増築開始、十一月二十三日地鎮祭
明治40年(1907) - 【渋沢栄一】帝国劇場会社創立・創立委員長(後に取締役会長)。品川白煉瓦株式会社相談役。日清汽船株式会社創立、取締役。日本皮革株式会社創立、相談役。合資会社沖商会有限責任社員・監査役。帝国製麻株式会社創立、相談役。東明火災海上保険株式会社創立、取締役。〔67歳〕 渋沢関係略年譜
2月 (織)二月手平工場新築起工
4月 (紡)四月新株第二回払込、六月第三回、八月第四回払込(払込完了)
10月 (紡)十月中之島工場ニ私立学校設置
- 戦後反動景気ノ兆顕ハル
- (織)資本金七拾万円ニ増加
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
- (紡)上半期中之島工場増設完成
PAGE TOP