和歌山紡織(株)『和歌山紡織株式会社五十年史』(1942.10)

(グレーの背景色)は、「渋沢関係略年譜」を参考のために表示しています。この社史に掲載されている年表項目ではありません。

月日 事項 年表種別
明治41年(1908) - 【渋沢栄一】日韓瓦斯株式会社創立、取締役会長。帝国商業銀行相談役。東洋拓殖株式会社設立委員。木曾興業株式会社創立、相談役。アメリカ太平洋沿岸実業家一行招待。〔68歳〕 渋沢関係略年譜
- (紡)工場改修、床ヲコンクリートトス
- (紡)社長南楠太郎
- (織)社債弐拾万円募集
- (織)南楠太郎常務取締役
- (織)北支方面ニ綿糸ヲ輸出ス
明治42年(1909) - 【渋沢栄一】多くの企業・団体の役員を辞任。渡米実業団を組織し団長として渡米。タフト大統領と会見。〔69歳〕【竜門社】組織を変更し、社則を改正。青淵先生の道徳経済合一説を広め実践する団体に性格を変える。 渋沢関係略年譜
- 戦後ノ不況来ル
- (織)朝鮮貿易ヲハジム
明治43年(1910) - 【渋沢栄一】政府諮問機関の生産調査会創立・副会長。社団法人東京銀行集会所会長。〔70歳〕【竜門社】青淵先生の七十寿祝賀会を開催する。 渋沢関係略年譜
10月14日 十月十四日和紡和織合併問題纒リ、十二月決議
明治44年(1911) - 【渋沢栄一】日露協会評議員。維新史料編纂会委員。財団法人済生会設立、顧問・評議員。勲一等に叙し瑞宝章を授与される。〔71歳〕 渋沢関係略年譜
3月1日 三月一日和歌山紡績、和歌山織布両社合併ヲ完了ス 新社名和歌山紡織株式会社 資本金百参拾万円 社長南楠太郎
大正2年(1913) - 【渋沢栄一】伯剌西爾拓植株式会社創立準備委員。日本結核予防協会創立・副会頭(後に会頭)。中国興業株式会社(後の中日実業)創立、相談役。日本実業協会創立・会長。帝国飛行協会成立、評議員。〔73歳〕 渋沢関係略年譜
- おぼろ糸発明、専売特許
- 織布製高一日九〇〇反
大正3年(1914) - 【渋沢栄一】東北九州災害救済会創立、副総裁。合資会社国際通信社設立、相談役。日中経済界の提携のため中国訪問。財団法人国産奨励会設立準備委員総代、顧問。〔74歳〕 渋沢関係略年譜
7月27日 七月廿七日徳川頼倫侯一行手平工場縦覧
8月 八月対独宣戦
- 第一次世界大戦勃発、綿業界大暴落
- 三万錘増設決議
- 綿布売行不振ストツク激増
大正4年(1915) - 【渋沢栄一】帝国蚕糸株式会社相談役。渋沢同族株式会社設立、社長は敬三。パナマ運河開通博覧会のため渡米。ウイルソン大統領と会見。〔75歳〕【渋沢敬三】渋沢同族株式会社設立、同社長就任。 渋沢関係略年譜
1月 一月松村支配人渡支
7月 七月西工場出火
11月 十一月新設紀ノ川工場地鎮祭
- 綿布益々不振
PAGE TOP